Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック:パラベラム』がどんな映画か忘れてしまうワンちゃん大好きハートウォーミング映像が登場 ─ カンフーならぬ「犬(ワン)フー」の呼称が爆誕

ジョン・ウィック:パラベラム
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

孤独な男と名もなき犬の絆を描く動物ファミリー映画シリーズ第3弾『ジョン・ウィック:パラベラム』より、5月13日の”愛犬の日”を祝したワンちゃん好き好き映像が届けられた。

映像の冒頭に表示される権利表示の画面も「この映像は、愛犬家のために承認されたものです」「激しい鳴き声が含まれています」と芸が細かい。映像はジョン・ウィックさんと愛犬の友情の歴史を振り返るもの。ハートウォーミングな『ジョン・ウィック』前2作を振り返る内容となっている。

ジョン・ウィック:パラベラム
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』でのジョン・ウィックさんの愛犬は、オスのピットブルだ。ひたむきで忠実、任務への高い集中力を持ちながら、イタズラ好きでパワフル、勇敢な一面も持つ。最新作では、ジョン・ウィックさんの顔面をむちゃくちゃ舐め回すシーンもあるとのこと。

…映像の感動作風な仕上がりにすっかり忘れてしまっていたが、よく考えたら『ジョン・ウィック』シリーズは動物ファミリー映画ではなかった。気を取り直して紹介すると、本シリーズは”殺し屋を始末する殺し屋””1本の鉛筆で3人を瞬殺”など数々の伝説と共に、暗黒社会を震撼させてきた最強の殺し屋ジョン・ウィックさんのブチギレ復讐劇を描くアクション映画だ。2015年の第1作『ジョン・ウィック』は日本でもスマッシュヒットを記録、2017年の続編『ジョン・ウィック:チャプター2』は、全米でオープニングからたった8日間で1作目の2倍以上の成績(約3,000万ドル=約30億円)を記録。累計興収約4,600万ドルという大ヒットを達成し、今日のアクション映画に多大な影響を与えた大人気シリーズである。

ジョン・ウィック:パラベラム
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

2019年10月公開予定の『パラベラム』は、ついにクライマックスとしてシリーズを完結させる。ジョン・ウィックさんは、前作で裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破ってしまい、孤立無援の”干され”状態。復讐の果てに傷だらけの逃亡者となったジョンさんに次々と襲い来る最強の殺し屋たちとの死闘の先に待つものとは。

今作では、ワンちゃんが「戦術的に非常に役立つ」ものとして登場するようで、その期待からカンフーならぬ「犬(ワン)フー アクション」との呼称が早くも生み出されているほどだ。『ジョン・ウィック:パラベラム』は、2019年10月日本公開。

『ジョン・ウィック:パラベラム』公式サイト:http://johnwick.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly