Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック3』場面写真が米国にて公開 ─ 物語のカギは「2匹の犬」、なんとアクションにも参加

https://www.instagram.com/p/BrlIHlxFqz3/ スクリーンショット

キアヌ・リーブス主演、人気アクション映画シリーズの最新作『ジョン・ウィック3:パラベラム(邦題未定、原題:John Wick 3: Parabellum)』の場面写真が米Entertainment Weeklyにて公開された。前2作に続いて監督を務めるチャド・スタエルスキ、キアヌのインタビューもあわせて掲載されている。

キアヌによれば、『ジョン・ウィック3』は前作『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)から直結したストーリーになっているとのこと。新キャラクターとして登場する、ハル・ベリー演じるソフィアは「ジョンとの間に過去がある」人物だという。

このたび公開された写真で印象的なのは、砂漠と思しき場所を歩くジョンとソフィアが2匹の犬を連れていることだ。シリーズに欠かせない犬の存在は最新作にも引き継がれ、ソフィアはベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノアを2匹飼っている設定となっている。

チャド監督は「ジョンの犬が妻を象徴するものであるように、ソフィアの犬2匹も彼女が失ったものの象徴」だと述べた。また本作には、ソフィアの犬2匹が「アシスタント」として活躍するアクションシーンも登場するとのこと。「戦術的に非常に役立つ」そうだが、いったいどんなアクションなのか、2匹にはどんな役割が与えられているのだろう?

またチャド監督いわく、『ジョン・ウィック3』には「オリジン・ストーリーのようなところがある」といい、新キャストのアンジェリカ・ヒューストンが演じる“組織「ハイテーブル」の指導者”はジョンの生い立ちや生存に責任を負っている設定。ここにきて、主人公の過去が本格的に紐解かれることになりそうだ。もちろんシリーズの見どころであるアクションもさらにパワーアップ、死者の数は「前作よりちょっと増える」とのこと。前作ではジョン・ウィックさんに殺されたマフィア151人の追悼映像も話題となったが、まだ増えるというのか…!

『ジョン・ウィック3:パラベラム』には、シリーズの出演者であるバワリー・キング役のローレンス・フィッシュバーン、コンチネンタル代表のウィンストン役を演じるイアン・マクシェーン、コンチネンタル・ホテルのコンシェルジュ、シャロン役のランス・リディックが続投。新キャストとして、ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」(2013-)の新鋭アジア・ケイト・ディロン、名優アンジェリカ・ヒューストンらが加わった。

映画『ジョン・ウィック3 :パラベラム(邦題未定、原題:John Wick 3 : Parabellum)』は2019年5月17日に米国公開予定

Source: EW

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly