Menu
(0)

Search

『ジュラシック・ワールド』第3作、オーウェン&バリーが再会へ ─ 地下空間、ボートに乗るふたり

Empire
https://twitter.com/empiremagazine/status/1392057637848723456

『ジュラシック・パーク』『ジュラシック・ワールド』シリーズの最新作『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題:Jurassic World: Dominion)』では、クリス・プラット演じる主人公オーウェンがかつての同僚に再会するようだ。英Empire Magazineより新たに公開された写真に、第1作ぶりの再登場となる調教師バリー(オマール・シー)の姿が写し出されている。

バリーは、インジェン社の企みに異を唱えた勇敢な調教師として第1作に登場した。オーウェンらと共に、パークに放たれたインドミナスの討伐に参戦したが、ラプトルのブルーに襲われて負傷。事態が一件落着してからは、パークに集められた負傷者の救護にあたっていた。

その後の動向が定かでないバリーだが、何らかの縁でオーウェンと再会したようだ。公開された撮影時の写真からは、バリー役のオマール・シーとプラットが2人だけのシーンに挑んでいる姿が確認できる。

オーウェンとバリーが再会するまでの経緯も気になるが、2人が再会を果たす場所にも目を向けたい。このたびの写真で、プラットとシーはどうやらボートに乗っている模様。撮影場所は水の通る地下空間のように見える。今や恐竜たちが野に放たれた状況だ、隠れ場として地下を利用しているなんてことも考えられそうだ。このシーンの前にどこか違う場所で再会している可能性も当然ある。

第3作で再会するのはオーウェンとバリーだけはない。『ジュラシック・パーク』シリーズに登場したサム・ニール演じるアラン・グラント、ジェフ・ゴールドブラム演じるイアン・マルコム、ローラ・ダーン演じるエリー・サトラーの3人も久々に顔を合わせることになる。ほか、第2作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)からフランクリン役ジャスティス・スミス、ジア役ダニエラ・ピネダ、少女メイジー役のイザベラ・サーモンら、『ジュラシック・パーク』シリーズからインジェン社のライバル企業バイオシン・コーポレーションの遺伝学者兼スパイ、ルイス・ドジスンが再登場。過去のシリーズ出演者が勢揃いとなる。

映画『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題:Jurassic World: Dominion)』は2022年6月10日米国公開予定。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly