Menu
(0)

Search

『ジュラシック・ワールド』第3作に『ジュラシック・パーク』ルイス・ドジスン再登場、重要な役割担う可能性も

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
TM & (c) 2017 Universal Studios & Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

『ジュラシック・ワールド』シリーズ3作目となる最新作ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題:Jurassic World: Dominion)』に、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのリチャード・パーカー役などで知られるキャンベル・スコットが出演することがわかった。スコットは『ジュラシック・パーク』(1993)に登場した産業スパイ、ルイス・ドジスンを演じることになるという。米Colliderが報じている。

『ジュラシック・パーク』で、ルイス・ドジスンはインジェン社のライバル企業バイオシン・コーポレーションの遺伝学者兼スパイとして登場。赤いポロシャツにサングラス姿が印象的なドジスンは、金儲けを企むインジェン社エンジニアのデニス・ネドリーに、恐竜の胚(はい)が隠されたシェービング・クリーム缶を渡すという端役を担った。劇中での登場は少なかったものの、マイケル・クライトン原作の小説では更なる悪役ぶりを発揮している。

『ドミニオン』の物語はいまだ謎に包まれているため、ドジスンがどのような役どころを担うのかは不明。しかし、本作では“バイオシン社の社長”として登場するとも伝えられている。ドジスンがバイオシン社のトップとして登場した場合、更に大きな役割を担うことになりそうだ。

なお、『ジュラシック・パーク』でドジスンを演じたのは、キャメロン・ソアという別の俳優。しかし、ソアは2014年に13歳の少女への性的暴行容疑で起訴されており、2016年に実刑判決が下されているため、この度スコットが代役として起用されたとみられる。

本作はシリーズ3部作の完結編と伝えられていたが、2020年5月中旬にプロデューサーのフランク・マーシャルがこれを否定。むしろ「新しい時代の幕開けです」と今後のシリーズ継続を示唆する返答をしている。クレア役のブライス・ダラス・ハワードは、本作は「最高で気分爽快」なものになると予告しており、期待が膨らむばかりだ。

本作には、オーウェン役クリス・プラットやブライスなどメインキャラクターのほか、『ジュラシック・パーク』からアラン・グラント役のサム・ニール、エリー・サトラー役のローラ・ダーン、イアン・マルコム役のジェフ・ゴールドブラムの3人が復帰する。2019年10月には、『ジュラシック・パーク』でジョン・ハモンドの孫であるレックス&ティムを演じた元子役、アリアナ・リチャーズ&ジョゼフ・マゼロも復帰に前向きであることを伝えており、更なるオリジナル・キャラクターの再登場も気になるところだ。ちなみに、本作の撮影は早ければ7月にもイギリスのパインウッド・スタジオにて再開が見込まれている

映画『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題:Jurassic World: Dominion)』は2021年6月11日米国公開予定

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly