【特集】『スパイダーマン:ホームカミング』のAI夫婦物語 ─ 人工知能「カレン」、『アイアンマン』ジャーヴィス声優の妻だった

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は、スパイダーマンにとって三度目のシリーズ映画化であるにも関わらず、既視感を全く感じさせないばかりか、真新しさや驚きに満ち溢れた快作であった。その理由の一つとして、スパイダーマンの新しいスーツが挙げられるだろう。

アイアンマンことトニー・スタークによって開発、贈呈された新スーツは、劇中でも使いこなしきれないほどの様々な機能が備わっており、その中には人工知能による”スーツ・レディ”、「カレン」もあった。これまでのスパイダーマン作品ではおそらく見られなかったもので、観客はアイアンマンに備えられた人工知能J.A.R.V.I.Sを一様に思い出したはずだ。


実はカレンの声を、『ビューティフル・マインド』(2001)などで知られるジェニファー・コネリーが務めていることが早くから話題になっていた。ジェニファーの夫ポール・ベタニーといえば、かつてアイアンマンのスーツに搭載された人工知能J.A.R.V.I.Sの声優を務めた。共にAIの声優として、スパイダーマンとアイアンマンの戦いをサポートしたというわけである。『ホームカミング』ジョン・ワッツ監督も、「そう、J.A.R.V.I.Sの奥さんですよ。クールでしょう?」と認めている。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)において、夫婦揃ってヒーローを支える人工知能を演じたポール・ベタニーとジェニファー・コネリー。この記事では、そんな二人がいかにして出会い、価値観を共にし、家族になったかを解き明かす。

出会いは互いに一目惚れ

ポール・ベタニーとジェニファー・コネリーの出会いは、2001年に初共演した映画『ビューティフル・マインド』でのこと。ジェニファーは出会った頃の思い出をET誌のインタビューで述懐している。

「最初の”本読み”で出会ったのを覚えています。”うーん、あの人いい男”って思いました。」

もちろん、ポールも出会いの瞬間をよく覚えている。

「こんな美人と、こんな至近距離になった試しがありませんでした。よく覚えていますよ。”君が今まで出会った全ての男たちは、君に手を出そうとしたんだろうなぁ”って思ったのをね。」

互いに一目惚れだった様子の二人に、とどめをかけたのはポールの方だった。ジェニファーは思い出す。

「彼がギターを弾きはじめて、それで全てが決まったんです。」

夫婦で仕事を共にする

二人が結婚したのは2003年のこと。MCUにて作品をまたいでの共演を果たした二人だが、仕事を共にする機会はこれが初めてではない。

2004年の『アメリカン・バーニング(原題:American Pastoral)』では、ポールとジェニファーが主演の夫婦役でキャスティングされていたものの、ポールの役はユアン・マクレガーが演じることとなり、共演は叶わなかった。結婚した二人が共にスクリーンに登場したのは、チャールズ・ダーウィンの生涯を描いた『クリエーション(2009、原題:Creation、日本未公開)』でのことで、二人はダーウィン夫妻を演じた。

ポールは、2014年の『シェルター(原題:Shelter、日本未公開)』で初めての監督を務め、主演にジェニファーを選んだ。ドラッグ依存症のホームレスの女性役だった。アンソニー・マッキー演じるホームレスとジェニファーが路上で出会い、心を通わせていく。

「毎朝、監督と一緒に仕事に出掛けるなんて、変な感じでした」ジェニファーはDuJour magazineのインタビューで語っている

「彼が腰掛けると、彼と話したい人がズラリと列をなすんです。」

夫婦揃って同じ仕事に取り組むのは、気恥ずかしさや気まずさが生じないのだろうか。二人にとって、むしろ共同作業はインスピレーションを深めるものだった。夫婦は、作品のシーンについて一日中話し合っていたという。

「彼といると、とてもクリエイティブになれるんです。私たち、映画と映画制作の趣向が似ているんですよね。だから冒険することにすごく自由を感じています。だって、彼は私の旦那だし、彼をすごく信用してますから。とても守られている気分です。

愛する家族と夫婦の絆

現在二人の間には三人の子供がいる。長男は、かつてジェニファーと写真家のデイビッド・ドゥガンとの間に生まれたカイ(20)。次男にはステラン(14)。妹のアグネスは現在6歳で、ジェニファーが40歳の時に授かった。家族揃って仲良く出掛ける様子が度々目撃されている。2017年2月には、ポールの出演作『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』、ジェニファーの出演作『Alita:Battle Angel(日本のSF漫画”銃夢”のハリウッド映画版)』の撮影をそれぞれ離れ、カリブ海はサン・バルテルミー島のビーチで家族水入らずの時間を過ごす姿も報告されている。

「親になって、自分の在り方が全てにおいて変化しました」と語るジェニファー。「一番大きいのは、とにかく子どもたちが無事に成長して、幸せに暮らしてほしいと願うようになったことですね。私はそれで充分。」

世界的な役者の間に生まれた子どもたちだが、少なくとも2009年時点で長男のカイ君は役者の道には惹かれていなかったという。

「カイは海洋生物学者になりたいそうです。役者になりたいと言ったことは一度もありません。」

2014年のインタビューでジェニファーは、「子どもたちは、両親について同じように興味を抱いていると思います。口には出しませんけどね。楽しい経験が出来ていると思います」と語っている。「あの子たちは、私の映画を観ることはほとんど無いけれど、だいたいの撮影現場には訪れているんです」とも明かしているが、『アベンジャーズ』や『スパイダーマン:ホームカミング』への登場ばかりは子どもたちにとっても誇らしかっただろう。

『ビューティフル・マインド』のころ、ポールのギターがジェニファーを射止めて以来、16年が経つ。信念を共有し、互いを信頼し、仕事まで共にする二人の絆は強い。ジェニファーの言葉からは
、二人の円熟味ある落ち着きが感じられる。

「もう結婚して11年(2014年当時)ですから。子供もいるし、悪い状況を一緒に切り抜ける力には自信がありますよ。」

Source:http://ew.com/movies/2017/07/05/spider-man-homcoming-peter-parker-suit-voice/
http://www.mtv.com/news/1630188/jennifer-connelly-paul-bettany-compare-creation-marriage-to-their-own/

http://celebritybabies.people.com/2009/11/04/jennifer-connelly-grateful-for-her-gorgeous-healthy-funny-kids/
http://people.com/babies/jennifer-connelly-paul-bettany-expecting-a-baby/
http://www.etonline.com/news/175902_jennifer_connelly_and_paul_bettany_recall_the_moment_they_first_met_15_years_ago/
http://perezhilton.com/2015-11-13-jennifer-connelly-paul-bettany-marriage/?from=post
http://www.usmagazine.com/celebrity-style/news/jennifer-connelly-paul-bettany-movie-set-201463
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-3226111/Jennifer-Connelly-Paul-Bettany-hold-hands-precious-children-Agnes-Stellan-low-key-family-stroll.html

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。