キアヌ・リーブス『マトリックス4』製作はある?ない?「人は死んでも物語は死なない」

映画『ジョン・ウィック:チャプター2(原題:John Wick: Chapter Two)』の取材で、主演のキアヌ・リーブスが、代表作『マトリックス』シリーズの続編について語った。

『ジョン・ウィック:チャプター2』では、『マトリックス』でネオ役を演じたキアヌと、モーフィアス役を演じたローレンス・フィッシュバーンが久しぶりに共演する。また本作のプレミア・イベントでは、かつてトリニティ役を演じたキャリー=アン・モスも登場し、『マトリックス』のトリオが再結集を果たしたことが話題を呼んだ。

こうした動きを受けてか、Yahoo! Movies UKは、キアヌに『マトリックス』シリーズの新作があればどんなものになるかと尋ねている。するとキアヌは、新作の可能性について、意外な角度から言及したのである。

「ウォシャウスキー姉妹(監督)は参加しないといけないだろうな。彼らが脚本を書いて、監督しないとね。(新作が)どんな話になるのかを、僕たちが知るのはそれからだ。わからないけど、きっと奇妙な映画になるさ。もちろんね」

『マトリックス』シリーズが完結した2003年から、すでに13年が経過している。当然ながらキアヌは、自身の代表作に、ある程度の距離感をもって接しているようだ。また、キアヌはこう付け加えている。

「人間は死んでも、物語は死なない。物語の登場人物もね」

この発言を、『マトリックス レボリューションズ』で去っていったネオがまた帰ってくると解釈するか、それとも“新作はなくても『マトリックス』は続いていく”のだと解釈するか……。1999年に「映像革命」と銘打たれた『マトリックス』が現在の技術で甦るのを、一人のファンとしては観てみたい気もするが、読者諸兄はどうだろうか?

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』は2017年7月7日に日本公開予定。ひとまず、ネオとモーフィアスの再共演をスクリーンで観ないことには始まらない。

【映画に登場するマニアックな格闘技6】ロシアの一撃必殺護身術『システマ』とは?『ジョン・ウィック チャプター2』予告編第2弾公開!

source: https://uk.movies.yahoo.com/keanu-reeves-is-up-for-the-matrix-4-exclusive-135415356.html
Eyecatch Image: https://twitter.com/JohnWickMovie/status/826551030510784512/photo/1
(Photo by Todd Williamson for GettyImages and Getty Entertainment)

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • 匿名処理班 2017年2月20日 at 6:01 PM

    そこは「彼らが」じゃなくて「彼女らが」って訳してあげて。

    Reply