Menu
(0)

Search

『キック・アス』ヤバすぎるリブート企画が進行中 ─「2年後に来る」と監督

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』© 2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

クロエ・グレース・モレッツ主演、ユーモアとバイオレンスにあふれたスーパーヒーロー映画として高く評価され、続編まで製作された人気映画シリーズ『キック・アス』。どうやらリブート版企画が存在するようだ。

『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(2013)以降、続編が待望されており、企画の噂は浮上しては消えるを繰り返していた。しかしその噂について原作者のマーク・ミラーは、「そのような会話をしたことはありません」「計画は間違いなくありません」と完全に否定。もっともこれは続編に関する話であって、シリーズが完全に停止したという意味ではない。

この度、映画版の生みの親である監督のマシュー・ヴォーンは、『キングスマン:ファースト・エージェント』のグループ・インタビューにて「『キック・アス』のビッグ・リブートが2年後にありますよ」予告「ビッグ・リブート」と言葉を繰り返す監督は、「ヤバすぎる内容なので話すことはできません。ただ、準備は出来ています。2年後に権利が戻ってくるので、その後にリブートするつもりです」と続けている。詳細は監督が言うように話せないようだが、「“彼は狂ってる”と思われるような」内容になるとのことだ。

現段階では不明なことばかりだが、そもそもなぜ続編ではなく、リブート版を製作しようと考えたのだろうか。その理由について、ヴォーン監督は以下のように説明した。

「『キック・アス』はこれまでにないタイプのジャンルだったと思います。“スーパーヒーローのR指定映画は作れない。誰も観たいと思わない。あれもこれもできない”と誰もが言っていました。それで、(リブートの)アイデアを思いついたのです。それがあまりにも最高で。(オリジナルと)同じように多くの論争を招き、誰もが話題にし、(オリジナル)を好きな人は嫌いになるでしょう。」

リブートということであればストーリーが一新されることになりそうだが、これまでのシリーズのキャラクターたちの行方はいかに。「この作品に彼らが登場しないとは言ってませんし、今後も登場しないとは思っていません」とヴォーン監督。さらに「誰もが想像しているような作品にはならない」とも予告している。期待が高まるばかりだ。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly