Menu
(0)

Search

『ナイブズ・アウト』推理に役立つ人物相関図が公開 ─ 探偵ダニエル・クレイグ、異端児クリス・エヴァンスら豪華キャストが観客を煙に巻く

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
Motion Picture Artwork © 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)のライアン・ジョンソン監督最新作、アガサ・クリスティーに敬意を捧げるミステリー映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』が2020年1月31日(金)に公開される。このたび、推理に使える人物相関図が到着した。

『007』ダニエル・クレイグが名探偵ブノワ・ブランとして殺人事件を捜査する本作には、『アベンジャーズ』クリス・エヴァンス、オスカー俳優クリストファー・プラマー、『ブレードランナー 2049』(2017)アナ・デ・アルマスら豪華キャストが結集。いずれ劣らずクセのあるキャラクターを演じ、観客を謎の煙に巻いていく。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
Motion Picture Artwork © 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

事件の被害者であり、誕生日の夜に死を遂げるのは、豪邸の持ち主ハーラン・スロンビー。ミステリー作家として成功を収め、莫大な資産を抱えている大富豪だ。彼には長女リンダ(ジェイミー・リー・カーティス)、次男ウォルト(マイケル・シャノン)、そして亡き長男という3人の子供がいる。リンダの家族は夫リチャード(ドン・ジョンソン)と、一族の異端児である息子ランサム(クリス・エヴァンス)。ウォルトの家族は妻ドナ(リキ・リンドホーム)と息子ジェイコブ(ジェイデン・マーテル)。そして、亡き長男の妻ジョニ(トニ・コレット)と娘メグ(キャサリン・ラングフォード)も屋敷を訪れていた。

事件の容疑者となったことから、一見して何不自由ない一族の裏側に、もつれた人間関係があることが浮き彫りとなっていく。さらに容疑者に加えられたのは、ハーランの家政婦のフラン(エディ・パターソン)と専属看護師マルタ(アナ・デ・アルマス)。フランは最初にハーランの書斎に入った第一発見者で、マルタはハーランを最もよく知る人物として疑われる。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
Photo Credit: Claire Folger

オリジナル脚本を書き下ろしたライアン・ジョンソン監督は、本作ではミステリーのみならず人間ドラマにも注力。「2つを両立させたかった」と言い、「謎解きや風変わりな探偵、そしてミステリーの醍醐味である全ての謎が解けるラストシーンの楽しさを維持しつつ、スリラーというスタイルを使って、この家族に起きている問題に観客を引き込みたかった」と述べる。

自らも大家族の一員だというジョンソン監督は、本作にパーソナルな要素を取り入れずにいられなかったという。「僕は家族とすごく仲が良いし、こんなひどい家族ではないんですよ。でも大家族で育ったので、複雑な関係だったり、壊れている部分はよく理解できた。それらがユーモアや物語の地盤になっているのかもしれません」。

もっともキャスティングの要は、名探偵ブノワ・ブラン役にふさわしい俳優を起用することだった。“なんでもできる俳優”を求めていたというジョンソン監督は、「ポアロにしろ、コロンボにしろ、ミス・マープルにしろ、映画に登場する探偵にとって重要な共通要素は、完全にシリアスにはならない何かを持っていること」だと強調。「そこでブノワ・ブランを、面白くて欠点のある、純粋に愛せるキャラクターとして描きたかったんです。そしてダニエル・クレイグは、まさに素晴らしい人間味をもたらしてくれました」。

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は、 2020年1月31日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly