Menu
(0)

Search

ダニエル・クレイグ&クリス・エヴァンス『Knives Out』豪華キャラクターポスターが米公開 ─ ライアン・ジョンソン監督の極上ミステリ、映画祭で絶賛の嵐

https://www.instagram.com/p/B2fGeTVl3BM/

『007』ダニエル・クレイグ、『アベンジャーズ』キャプテン・アメリカ役クリス・エヴァンスら出演、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)のライアン・ジョンソンが脚本・監督を務めた極上のミステリ映画『Knives Out(原題)』よりキャラクターポスターが米国で公開された。ライアン監督のTwitterでは、ポスターとともに登場人物たちが紹介されている。

トロント国際映画祭での初上映では観客席が熱狂に包まれ、「今年最高の傑作」「不朽のミステリ映画」「謎解きと爆笑が完璧に融合している」「脚本も素晴らしいが出演者も最高」など、エンターテインメントとしての絶賛評が飛び交った注目作だ。2019年9月17日現在、日本公開情報は不明だが、確実に今のうちから押さえておきたい一作。まずは登場人物の設定をチェックしておいてほしい。


ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)

世界で最も成功したミステリ作家であり、この油断ならない一族の家長。謎めいた状況下でハーランの遺体が発見されたことから事件は始まる。演じるのは『手紙は憶えている』(2015)『ゲティ家の身代金』(2017)などの重鎮クリストファー・プラマー。

エリオット刑事(キース・スタンフィールド)

地元警察の頭が切れる刑事。ハーランの死を自殺だと判断しかけていたところ、さまざまな手がかりや動機が浮上し、確信が揺らぎはじめる。演じるのは『ゲット・アウト』(2017)や『Death Note/デスノート』(2017)、「アトランタ」(2016-)などのキース・スタンフィールド。

マルタ・カブレラ(アナ・デ・アルマス)

被害者ハーランの「献身的な介護者」で、彼女自身にまつわる秘密の数々を隠している。その秘密はハーランを殺す動機となりうるものなのか。演じるのは『ウォー・ドッグス』(2016)『ブレードランナー 2049』(2017)のアナ・デ・アルマス。

ウォルト・スロンビー(マイケル・シャノン)

被害者ハーランの一番若い息子。家族の出版社を経営する「版権の跡継ぎ」だが、その野心はさらに大きかった。しかし、それゆえに家族を殺すことがありうるのだろうか。演じるのは『テイク・シェルター』(2011)『マン・オブ・スティール』(2013)『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)などのマイケル・シャノン。

ジェイコブ・スロンビー(ジェイデン・マーテル)

ウォルトの息子で、被害者ハーランにとっては孫にあたる。一日中スマホを手放さない「ネット荒らし」。その行為こそが彼を殺人に駆り立てるということは…? 演じるのは『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)の注目株ジェイデン・マーテル(ジェイデン・リーバハーから改名)。

ジョニ・スロンビー(トニ・コレット)

被害者ハーランによっては義理の娘で、ライフスタイル・ブランド「フラム」を大成功させた「ライフスタイルの教祖」。しかし、彼女があまりにもがむしゃらだったとして、彼女は自分を止めることができるのか。演じるのは『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)『ヘレディタリー/継承』(2018)のトニ・コレット。

メグ・スロンビー(キャサリン・ラングフォード)

ジョニの娘で、被害者ハーランにとっては義理の孫。ニューイングランドの大学で高い教養を身につけた「社会活動家」だが、彼女のシラバスには刃物の使い方についても書かれていたのだろうか? 演じるのは「13の理由」(2017-)で一躍有名となった新鋭女優キャサリン・ラングフォード。

リンダ・スロンビー(ジェイミー・リー・カーティス)

被害者ハーランの長女で、一家のビジネスを取り仕切る「土地の権力者」。そんな彼女に、父を殺害する動機はあるのか。演じるのは『ハロウィン』シリーズのジェイミー・リー・カーティス。

リチャード・スロンビー(ドン・ジョンソン)

リンダの夫で、被害者ハーランにとっては「必死の娘婿」。軽率な性格が災いし、彼がどれほどの真実を隠匿することになってしまうのか、今はまだ誰も知らない。演じるのは「特捜刑事マイアミ・バイス」(1984-1989)などの人気ドラマや『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)のドン・ジョンソン。

ランサム・スロンビー(クリス・エヴァンス)

リチャード&リンダの息子で、被害者ハーランの孫。甘やかされ、同時に辛辣な言葉を投げかけられながら育った「プレイボーイのお坊ちゃん」。監督いわく“ナイフ一本ですべてが完成する”男。演じるのは『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ』シリーズで知られるクリス・エヴァンス。

ベノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)

極めて著名、かつ紳士的な探偵。謎めいた事件により、彼がこの悪意の温床へと呼び出された以上、事件の解決はこの最高の探偵に委ねられた。殺人者が再び動き出す前に、ベノワは謎を解くことができるのか? 演じるのは『007』シリーズのジェームズ・ボンド役でおなじみダニエル・クレイグ。

ちなみに『Knives Out』の米公式Instagramでは、今回のポスターが、一族の内部と外部とに分けられる形で掲載されている。キャッチコピーは「殺人ほど家族を団結させるものはない」。サプライズに満ちたストーリーテリングと深みのあるテーマ、そして画面へのこだわりを徹底するライアン・ジョンソン監督は、ハリウッド屈指のオールスターキャストをいかにして扱ったのか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

They will attempt to untangle a twisted web of lies. #KnivesOut

Knives Outさん(@knivesout)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nothing brings family together like murder. #KnivesOut

Knives Outさん(@knivesout)がシェアした投稿 –

映画『Knives Out(原題)』は2019年11月27日に米国公開予定

予告編もチェック

Source: ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly