Menu
(0)

Search

ブリー・ラーソン&ジェレミー・レナー、それぞれディズニープラスでドキュメンタリー番組をプロデュース

『キャプテン・マーベル』(2019) のブリー・ラーソン、『アベンジャーズ』シリーズや「ホークアイ」(2021)でホークアイ/クリント・バートンを演じるジェレミー・レナー。共にマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品で活躍する2人が、それぞれディズニープラス(Disney+)でドキュメンタリー番組をプロデュースすることがわかった。

Deadlineによれば、ラーソンが製作総指揮を務める番組「Growing Up(原題)」は、大人になりつつある10人の若者の人生を追うハイブリットなドキュメンタリーシリーズ。1話ごとに18~22歳の若者一人を取り上げ、彼らがティーンエイジャーだった頃に経験した思春期の挑戦や達成、葛藤など、自分たちの人生を語るスタイルになるとのこと。ここ近年、ラーソンはプロデューサー業にも進出しており、若き女性CIA捜査官をを描くタイトル未定のドラマシリーズのほか、科学者を夢見る女性を主人公にしたドラマ「Lessons in Chemistry(原題)」でもプロデューサーに名を連ねている。

続いて、ジェレミー・レナーがプロデューサーを務める「Rennervations(原題)」は、世界中のコミュニティに恩返しをするという、彼の生涯にわたる情熱を注いだ番組。全4話となるシリーズでは、必要に応じた目的で車両を改良することで、コミュニティのニーズを満たす試みがカメラに収められるとのこと。レナーもラーソンと同様にプロデューサーとしても活躍し、Netflixの歴史アクションドラマ「ナイトフォール -悲運の騎士団-」(2017‐2019)、自身が主演する米Paramount+の新作ドラマ「Mayor of Kingstown(原題)」(2021‐)でプロデューサーを務めている。

すでにディズニープラスがシリーズとして発注した「Growing Up」、「Rennervations」ともに配信開始時期は発表されていない。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly