Menu
(0)

Search

ヴィン・ディーゼル×イライジャ・ウッド夢の共演!『ラスト・ウィッチ・ハンター』クイックレビュー

ヴィン・ディーゼル×イライジャ・ウッド夢の共演

ヴィン・ディーゼルといったら「ワイルドスピード」、イライジャ・ウッドといったら「ロード・オブ・ザ・リング」。
この2人を同じスクリーンの中でみることが出来る日がやってくるなんて5年前には想像もつかなかった事態です。これぞ夢の共演!

「ラスト・ウィッチ・ハンター」は、序盤からぐっとスクリーンの中に引き込まれていく感じがとても気持ちよかったです。そして、展開も間延びする感じは一切なく、どんどんと事件が起こってはその解決に立ち向かい、仲間を増やしてはまた事件が起きてというわかりやすいストーリー展開でハラハラドキドキと楽しめるSFアクション映画に仕上がっています。

800年も前に魔女狩りに行った魔女ハンターが魔女の呪いにより不死身の体になって現代まで生きている。800年前のヴィンディーゼルが髪の毛が生えててなんだかすごくレアなものをみた気分になれます。なかなかお目にかかれないと思うので要チェックです。
そして800年生きていると古ぼけた魔法使いみたいな想像をしてしまいますがすごく現代的でipadとかも使いこなしちゃうなどキャラクター一人一人にとてもしっかりと個性や設定があるのも作品が見やすくなっているポイントだと思います。

「お願いだからヒットして続編をみせて下さい!!」

本当にそう願わずにはいられないほど期待以上の作品です。

 

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly