『シビル・ウォー』欠席のソーと同居していた男、映画にも登場か?「暇を持て余したソー」に衝撃の続報

先日、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を欠席したソーがオーストラリアで暇を持て余していたことが大きな話題となった。公開された映像では、ソーは休暇を力いっぱい楽しんだり寂しがったりしているようだった。

【翻訳あり】『シビルウォー』に誘ってもらえなかったソー、オーストラリアで暇を持て余していた事実が判明

ところで皆さんは、その映像でソーと一緒にひとりの一般人が映っていたことを覚えているだろうか。ソーが居候しているアパートの家主、ダリル・ヤコブソンのことである。

しかしマーベル映画を追いかけてきた人は、もうダリルのことをただの冴えない家主だと思ってはいけない。『ソー/ラグナロク』のタイカ・ワイティティ監督が、今後のマーベル・シネマティック・ユニバースにダリルが関与することを明らかにしたのである。

で、ダリル・ヤコブソンって誰なの?

IGNのインタビュアーが「結局素性のつかめないダリルのことを詳しく教えてほしい」と尋ねたところ、ワイティティ監督は快く応じてくれたようだ。

「ウルトロンとの戦いの後、ソーは短い間だけオーストラリアのアパートに部屋を借りたのさ。アベンジャーズやアメリカから離れて休むためにね。だからソーはオーストラリアで少しの休暇を取っていた。そんな時ダリルと出会って、部屋をシェアするようになったんだ。まあ、それがダリルだよ」

これがダリルの説明になっているのかは怪しいところだが、ワイティティ監督によると、この映像はダリルの最後の出番ではないという。

「多分またダリルと会うことになると思うよ。みんなが見たのとは別の短い映像がいくつかあるかもしれないし、あれはもっと大きな出来事のごく一部かもしれないしね」

どういうこと?

ワイティティ監督は多くの謎を投下している。ダリルが再登場する可能性、「暇を持て余したソー」とは別の映像が存在する可能性、そして「暇を持て余したソー」そのものが大きな出来事の一部であるという可能性……。

わざわざ野暮なことを言って恐縮だが、ほぼ間違いなく「暇を持て余したソー」の映像は『ソー/ラグナロク』の撮影中に製作されたものだ。自然に考えれば、おそらくダリルは『ソー/ラグナロク』に登場するのだろう。わからないのは、「短い映像がいくつか」という点と「大きな出来事の一部」という点だ。

まだ短い映像があるとすれば、それは誰が映っている映像で、いつ公開されるのか。「大きな出来事」が『ソー/ラグナロク』のことだとすれば、「暇を持て余したソー」は『ソー/ラグナロク』に直接つながっているのかもしれない。さらに映像でブルース・バナーが話していた内容を考えると、『ソー/ラグナロク』の時系列は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』と同じという可能性もある。

「どれだけ金を出されても、君たちのケンカには参加しないよ」

もちろん「暇を持て余したソー」の映像は“ただのお楽しみ”であって、マーベル・シネマティック・ユニバースの本筋には関係ないのかもしれない。しかし、それならばワイティティ監督はなぜ謎を匂わせたのか……。

「暇を持て余したソー」、そして『ソー/ラグナロク』の謎はこうしてまた深まった

【翻訳あり】『シビルウォー』に誘ってもらえなかったソー、オーストラリアで暇を持て余していた事実が判明

source: http://www.ign.com/articles/2016/09/16/is-thors-roommate-in-ragnarok

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。