Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』妹シュリ役レティーシャ・ライト、『オリエント急行殺人事件』続編に出演 ─ ガル・ガドット&アーミー・ハマーらと共演へ

レティーシャ・ライト
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35852207790/ Remixed by THE RIVER

『ブラックパンサー』(2018)『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)でティ・チャラ/ブラックパンサーの妹シュリを演じた新鋭女優レティーシャ・ライトが、アガサ・クリスティ原作のミステリ小説を映画化する『ナイルに死す(邦題未定、原題:Death on the Nile)』に出演することがわかった。米The Hollywood Reporterが報じた。

クリスティの原作で舞台となるのは、ナイル川を遡る豪華客船。たまたま休暇でエジプトを訪れていた名探偵エルキュール・ポアロは、三角関係のもつれが原因で起きたと思われる船上での殺人事件の捜査に乗り出す。『ナイル殺人事件』として1978年にも実写映画化されており、今回が2度目の映画化だ。ケネス・ブラナーが主演・監督を務めた『オリエント急行殺人事件』(2017)の続編となる。

ライトが演じるのは、事件の容疑者の一人となる作家の娘ロザリー・オッタボーン役。『ナイル殺人事件』ではオリヴィア・ハッセーが演じた役どころだ。

これまでライトは『トレイン・ミッション』(2018)や『レディ・プレイヤー1』(2018)などに脇役で出演。大作映画のメインキャストを務めるのはマーベル映画でのシュリ役以来となる。ドラマ「ブラック・ミラー」シーズン4(2017)の第6話「ブラック・ミュージアム」では主要人物を演じたほか、ドナルド・グローバー/チャイルディッシュ・ガンビーノとリアーナによる映画『Guava Island』(2019)にも出演。今後はジョン・ボイエガと共演するSFラブストーリー『Hold Back the Stars(原題)』も控えている。

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

本作はディズニーと20世紀フォックスの事業統合により、前作とは異なる新体制のもとで製作される。監督は前作からケネス・ブラナーが続投し、主人公のポアロ役も再び自らが演じることが判明済みだ。船に乗り合わせる人々を演じるのは、ライトのほか、『ワンダーウーマン』(2017)のガル・ガドットと『君の名前で僕を呼んで』(2017)のアーミー・ハマーほか。今回も『オリエント急行殺人事件』並みの豪華キャストが実現するものとみられる。なお、脚本にも前作に続きマイケル・グリーンが起用された。

映画『ナイルに死す(邦題未定、原題:Death on the Nile)』は2020年10月2日に米国公開予定。撮影は2019年9月末に開始されるという。

レティーシャ・ライト、SF恋愛映画も面白そう

Source: THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly