Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』レティーシャ・ライト&『ロケットマン』ジェイミー・ベル、ウエスタン映画で共演 ─ 西部目指す黒人女性の危険な旅

Jamie Bell ジェイミー・ベル Letitia Wright レティーシャ・ライト
Photo by Harald Krichel https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Jamie_Bell-8435.jpg|Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35852207790/ Remixed by THE RIVER

『ブラックパンサー』(2018)シュリ役などで知られるレティーシャ・ライトと『ロケットマン』(2019)などのジェイミー・ベルが、西部劇を題材とする新作映画『Surrounded(原題)』で共演することがわかった。米Deadlineなどが報じている。

南北戦争の終戦(1865)から5年後。元バッファロー・ソルジャーの女性モーゼス・“モー”・ワシントンは、彼女の亡き奴隷所有者が遺した金鉱の所有権を求めに、西部へ向かっていた。しかし、独り身の女性にとっては過酷で危険な世界。モーは生き残るべく、男性に扮して西部の辺境奥深くまで旅を続ける。ある時、モーが乗っていた駅馬車を、待ち伏せていた何者かが急襲。危険な無法者の捕虜を捕まえておかなければならなくなったモーだが、盗賊たちが捕虜を逃がそうとして…。

※アメリカ合衆国陸軍第10騎馬連隊の会員に適用されたニックネーム。1866年9月21日にカンザス州レブンワース砦で戦ったインディアンによって名付けられた。

レティーシャ・ライト、ジェイミー・ベルのほか、『それでも夜は明ける』(2013)マイケル・ケネス・ウィリアムズの出演もあわせて発表されている。キャスト3人の役どころは明かされていないが、主人公モーはライトが演じると見られる。

監督を務めるのは、ジョン・デヴィッド・ワシントン&ジェニファー・ハドソン出演の映画『All Rise(原題)』(2018)のアンソニー・マンドラー。リアーナ、デュラン・デュランなど、人気アーティストのミュージックビデオも手掛けたことでも知られている。マンドラーは製作を兼任。ほか製作には主演のライトをはじめ、ドラマ版「スナッチ・ザ・シリーズ」(2017-)のウィリアム・グリーンらが名を連ねている。脚本は『サドンデス』(2013)アンドリュー・パガナらが執筆する。撮影は、2020年11月よりニューメキシコ州で開始予定だ。

『ブラックパンサー』シュリ役で一躍知られるようになったライトは、『オリエント急行』(2017)の続編『ナイル殺人事件』(2020年12月公開予定)や、スティーヴ・マックイーン監督作品「スモール・アックス(原題:Small Axe)」を今後に控えている。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly