『デッドプール2』シャッタースター役俳優、映画『ナイトウィング』登板の可能性が浮上 ― DCコミックスと面会の事実認める

映画『デッドプール2』(2018)のシャッタースター役や、ドラマ『Marvel アイアン・フィスト』(2017)への出演で知られる俳優ルイス・タンが、DC映画『ナイトウィング(仮題)』などについてDCコミックスとの面会を済ませていたことがわかった。米That Hashtag Show誌のインタビューにて本人が認めている。

2018年6月中旬、ルイスはDCコミックスとのミーティングに臨んだことをTwitterにて明かしていた。ただし、当時はいかなる内容の話し合いだったのかが不明だったのである。

 

ルイスがDCと面会したことから、ファンの間では複数の噂が生まれていた。なかでも注目を集めたのは、アジア系イギリス人であるルイスがディック・グレイソン/ナイトウィングを演じるのではないかという説。インタビュアーが「あなたの演じるディック・グレイソンを見たいんです。現実になりそうでしょうか?」と尋ねたところ、ルイスはこれを否定しなかったのである。

クリス・マッケイ(『ナイトウィング』監督)が武道家を求めているんです、面白いですよね。僕のTwitterをフォローしていただいて。(ミーティングは)すごく良い雰囲気でした。僕から正式にお話しできることはないんです。
(『ナイトウィング』は)クリスが準備を進めているプロジェクトで、僕はDCの幹部の方々とお話ししました。みなさんが(コミックの)大ファンで、もちろん僕もそうですけど。父(フィリップ・タン)は『バットマン』(1989年版)に出るためにアメリカへやってきたので、きちんと一周してお返ししたいと思っています。[中略]いろんなお話をしましたし、その中にはナイトウィングの話題もありました。ですから、様子を見たいと思いますね。」

以前、クリス監督は『ナイトウィング』について、CGを極力抑えた「本物のスタントワーク」による「ヤバいアクション映画」にしたいという意向を明かしていた。2018年7月現在キャスティングは決定していないが、武道家やマーシャル・アーツにルーツを持つ俳優を探しているということは、その路線を非常に重要視しているということだろう。

それにしてもアジア系のディック・グレイソンというキャスティングは、実現すればきっと大きな話題を呼ぶことだろう。残念ながら『デッドプール2』では登場シーンの少なかったルイスだが、もしやDC映画でアクションスターへの道を切り拓くことになるかもしれない…?

Sources: THS, Lewis Tan
The DC logo is a trademark of DC Comics.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。