Menu
(0)

Search

DC映画『ナイトウィング』、CG最小限の「ヤバいアクション映画」目指す!クリス・マッケイ監督、構想を熱く語る

LEGO, the LEGO logo and the Minifigure are trademarks and/or copyrights of The LEGO Group. © 2017 The LEGO Group. BATMAN and all related characters and elements TM & © DC Comics. © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC.

DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)作品のひとつとして製作が発表されているナイトウィング(仮題)』は、バットマン/ブルース・ウェインの相棒であるロビンあるいはナイトウィング/ディック・グレイソンを主人公としたストーリーだ。
『スーサイド・スクワッド2(仮題)』や『ワンダーウーマン2(仮題)』など待機中の作品が数多く存在するDCEUにおいて、本作の製作スケジュールは未だ明かされていないものの、すでに監督には『レゴRバットマン ザ・ムービー』(2017)のクリス・マッケイが就任している。

『レゴRバットマン ザ・ムービー』でそのユーモアセンスとアクション演出、ストーリーテリングの巧みさを存分に発揮したマッケイにとって、『ナイトウィング』は商業映画で初めて手がける実写作品となる。しかもDCコミックスの実写化となればいきなりの大役だが、マッケイは臆するどころか、その製作を今から楽しみにしているようだ。
プロデューサーを務めた映画『レゴRニンジャゴー ザ・ムービー』(2017年9月30日公開)のプロモーションで、米コライダーに対して彼はその心境をありのままに明かしている。

ロビン&ナイトウィング、いよいよ本格映画化

コミックの大ファンだったというマッケイは、ロビン&ナイトウィングを「業界人なら誰もが知っているのに、十分に映画化されなかったキャラクター」だと形容する。

「ティム・バートンが『バットマン』(1989)を作っていた時、みんなは“ロビンの話もやるんだろうな、『バットマン・リターンズ』(1992)までお預けかな、いやその次の作品(編集部注:1995年『バットマン・フォーエヴァー』)かな……”ってずっと考えてたと思いますよ。クリストファー・ノーラン版の時も“彼がロビンになるの?”って。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)が作られた時もそんな話をしていましたよね。」

自身がロビン&ナイトウィング/ディック・グレイソンとともに成長したというマッケイは、「僕は弱いヤツの話が大好きなんです。彼の物語は、コミックにおける最高の“弱いヤツの話”ですよ」と話している。かつてロビン&ナイトウィングというキャラクターを「ゴッサムシティを体験する窓口」だと表現していた彼は、より細やかにその真意を教えてくれた。

「みんなはずっとロビンをダサいヤツだと思ってきたし、“ロビンみたいになりたくない、ロビン役はイヤだ、バットマンがやりたい”って言ってきたと思うんです。でも僕みたいな子供にとって、ロビンはバットマンの世界を知るための、その中に入るための窓のような存在でした。
コミックの世界に、リアルタイムで変化していくキャラクターは他にいなかったんですよ。ほかのキャラクターは、みんなそれぞれの年齢では荒っぽい方ですしね。コミックの中で実際に成長するキャラクターはほとんどいませんでした。別の何かになったり、少年から大人になったり、自分の生活をして、なりたいものになっていくようなのはね。」

こうした言葉を言い換えるなら、ロビン&ナイトウィングこそDCコミックスの世界を“低い目線から見つめるヒーロー”だということになるだろう。マッケイはそんな“弱いヤツの話”を、現在数多く存在するヒーロー映画とは一線を画するやり方で撮ろうと考えているようだ。

温かくてエモーショナルな、マジでヤバいアクション映画にするつもりですよ。クレイジーで楽しい乗り物みたいなね。誰がナイトウィング役になろうと、そして他の出演者のみんなにも超キツい訓練を受けてもらいます。たくさんやることがありますからね。たくさんCGを使うつもりはないし、全部を本物でやりますよ。本物のスタントワークですね。すべてをカメラの前で、確実にやってもらわなくてはいけません。[中略]彼(ナイトウィング)がやることはすべてリアルでなくてはならないんです。彼のスーパーパワーは、人間として本当にスゴいんですよ。格闘も、身のこなしもね。それをスクリーンで観てもらえると思います。楽しみですよ!」

アニメの世界で活躍してきたマッケイが、『ナイトウィング』を「全部本物でやる」と発言するあたりには、彼の“これは実写映画なのだ”という覚悟も見てとれる。キャスティングも決定しておらず作業は初期段階のようだが、彼は一体どんな手つきで実写映画を、そして『ナイトウィング』を撮ってくれるのだろうか。今から非常に楽しみな一本であることは間違いない。

クリス・マッケイ監督がバットマンの世界を描いた、映画『レゴRバットマン ザ・ムービー』はブルーレイ&DVD、4K UHDが現在発売中。

Source:?http://collider.com/nightwing-movie-details-practical-effects/
Eyecatch Image: LEGO, the LEGO logo and the Minifigure are trademarks and/or copyrights of The LEGO Group.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly