Menu
(0)

Search

リーアム・ニーソン、アクション映画からの引退宣言は「冗談でした」─ まもなく70歳を迎える

映画『トレイン・ミッション』ジャパン・プレミアで来日のリーアム・ニーソン
©THE RIVER

『96時間』シリーズをはじめ、さまざまなアクション映画にて“最強の男”を演じてきた名優、リーアム・ニーソン。アクション映画からの引退を公言したこともあったが、どうやら本人としてジョークのつもりだったという。

2017年、リーアム・ニーソンはトロント国際映画祭での取材にて、アクション映画への出演に後ろ向きになりつつある理由が年齢だとしながら、いずれ観客も飽きてくるのではないかと明かしていた。このインタビューをきっかけに、アクション映画からの引退説が囁かれることになったが、70歳を間もなく迎えようとしている現在も、『トレイン・ミッション』(2018)『アイス・ロード』(2021)などアクションが炸裂する作品に数多く出演し続けている。

この度、米The New York Postのインタビューにてリーアムは、アクション映画からの引退説について訊かれたところ、「あれは冗談でした」と答えている。

「数年前、トロント国際映画祭でのことでした。ハリウッドの外国人映画記者のひとりが、“あなたとアクション映画はどうなっているですか?”と訊かれて、“私は頑固ですから。ただ、アクション映画はもう十分です”と答えたんです。あれはジョークのつもりだったんですけどね。」

こういいながらも、リーアムがアクション映画から引退する日は着実に近づいているかもしれない。2022年2月にもリーアムは、「アクション映画への出演は終わりに近づいていると思います。そうでなければなりません。観客は愚かではありませんから」と述べていた。「彼らは、“なんだよコイツは、リーアム・ニーソン。71とか72、73歳とかなんだろ……”と思うのではないでしょうか。その段階で辞めるつもりです」。トロント国際映画祭での発言とも似ているが、果たして。

ちなみに、リーアムがアルツハイマー病を抱える最強の殺し屋役を演じる新作映画『Memory(原題)』は、2022年4月29日に米国公開を迎える。こちらでもスペクタクルかつスマートなアクションが観られそうだ。

あわせて読みたい

Source: The New York Post

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly