Menu
(0)

Search

『トイ・ストーリー』新作映画『バズ・ライトイヤー』徹底解説 ─ あらすじ&日米声優キャスト、ピクサー劇場復活作としての思いも

バズ・ライトイヤー
©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニーピクサーを代表する『トイ・ストーリー』シリーズの新章『バズ・ライトイヤー』が、2022年7月1日より無限の彼方から日本の劇場にやってくる。イカしたカウボーイのウッディと並ぶアンディのお気に入りトイであるバズだが、映画『バズ・ライトイヤー』で描かれるのは、おもちゃのモデルとなったスペース・レンジャー“バズ・ライトイヤー”のお話。知られざるオリジンストーリーとして注目度も高く、アメリカでは現地時間2022年6月17日より封切りを迎える。

公開まで残すところ後2週間。『トイ・ストーリー3』(2010)『トイ・ストーリー4』(2019)の地上波放送も行われるということで、ピクサーファンはお祭り気分だろう。本記事では、そんな気分を更に高めるべく、『バズ・ライトイヤー』の作品情報をまとめてみた。ぜひ鑑賞前の予習に、ご活用いただきたい。

『バズ・ライトイヤー』の物語

バズ・ライトイヤー
(C)2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

「無限の彼方へさあ行くぞ」でおなじみ、“おもちゃ”バズ・ライトイヤーのモデルは、アンディが人生を変えてしまうほど夢中になった映画の主人公だった。『バズ・ライトイヤー』で描かれるのは、その映画の物語。優秀なスペース・レンジャーとして活躍していたバズだったが、自分の力を過信した為に1,200人もの乗組員と共に危険な惑星に不時着してしまう。はるか遠い地球に帰還すべく、バズはたったひとりで困難なハイパー航行を繰り返すが、何度も失敗してしまっていた。

そんな彼を長年支え続けていたのは、バズと同じ“スペース・レンジャー”にして、後にスター・コマンドの指揮官に昇進するほど優秀な相棒、そしてバズの成功を誰よりも信じていた親友のアリーシャだった。しかし、バズのハイパー航行中の時間経過は、数分で通常の数年分に相当するため、バズが任務に挑むうちになんと62年もの時が経ってしまった。その間歳を重ねたアリーシャは、やがてバズを残してこの世を去ってしまう。孤独なバズは親友の存在を胸に冒険へ繰り出し、そこで彼の運命を変える新たな仲間と出会うことになる。

『トイ・ストーリー』ではバズの宿敵として悪の帝王ザーグがたびたび登場していたが、『バズ・ライトイヤー』ではこのザーグがバズたちの前に立ちはだかる。アリーシャの孫が率いる少人数レジスタンスチームはザーグの乗り込む宇宙船を破壊しようと試み、バズはそのパイロットとして活躍することになるようだ。予告編では、ザーグとの一騎打ちシーンもわずかに登場しており、壮大なクライマックスを思わせもするが、大人気のおもちゃとして子どもたちから愛されることになるバズは、どのような運命を辿るのだろうか。

キャラクター・声優(本国アメリカ/日本)

『バズ・ライトイヤー』では、バズのほかにも個性的なキャラクターが登場。ここでは主要キャラクターの簡単な紹介と本国アメリカ&日本の声優キャストをご紹介する。

バズ・ライトイヤー

バズ・ライトイヤー
©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

主人公。自尊心が高く正義に燃える熱いスペース・レンジャー。本国版で声優を務めるのは、マーベル『キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ』シリーズのキャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース役でおなじみのクリス・エヴァンス。同役に続き、ディズニーとは連続コラボレーションとなる。日本語吹替を担当するのは、第45回日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞を『孤狼の血 LEVEL2』(2022年)で受賞した鈴木亮平。アクションからコメディ、シリアスなドラマまで幅広い作品で活躍している。アメリカ本社のオーディションを経て、見事抜擢された。

バズ・ライトイヤー
(C)2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

イジー

バズの運命を変える仲間。バズの相棒・アリーシャの孫で新米チーム“ジュニア・パトロール”の一員だ。本国版で声優を務めるのは、歌手・俳優・声優とマルチに活躍するキキ・パーマー。次回作に、ジョーダン・ピールの『NOPE/ノープ』を控える。日本語吹替を担当するのは、「3年A組 ―今から皆さんは、人質です」「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?」などの今田美桜。『トイ・ストーリー』のファンだったという今田も、オーディションに合格し、役を射止めた。

ソックス

バズ・ライトイヤー
©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

猫型友だちロボット。キュートな見た目とは裏腹、ハッキングをはじめ万能なバズの相棒。本国版で声優を務めるのは、『アーロと少年』(2015)の監督や、『レミーのおいしいレストラン』(2007)『ウォーリー』(2008)『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009)の脚本などでも知られるピーター・ソーン。ディズニー・ピクサー作品の声優としても度々参加している。ピクサー次回作『エレメンタル(原題)』では監督を務める予定。日本語吹替を担当するのは、お笑いコンビ「かまいたち」のボケ担当で、熱心な愛猫家で知られる山内健司。アメリカ本社とのオーディションの合格通知を受け取った際に側にいた相方の濱家はかなり悔しがっていたという。

アリーシャ

バズ・ライトイヤー
(C)2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

バズを信じ続けた親友であり、戦友のスペースレンジャー。本国版で声優を務めるのは、ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」(2013-2019)のスーザン役で知られるウゾ・アドゥバ。『映画マイリトルポニー プリンセスの大冒険』(2017)などで声優歴もある。日本語吹替版は、「人にやさしく」「ロングバケーション」をはじめ数々のドラマ・映画で活躍してきたりょう。他の吹替キャスト同様、アメリカ本社のオーディションを経て起用された。

モー

バズと共に任務に挑むジュニア・パトロールの一員。軽い気持ちで冒険に挑むダメダメな男。本国版で声優を務めるのは、『マイティ・ソー』シリーズや『ジョジョ・ラビット』(2019)の監督などで知られるタイカ・ワイティティ。俳優としての活躍も目覚ましい。日本語吹替版には、「ポケットモンスター」シリーズのコジロウ役や「鬼滅の刃」竈門炭十郎役などで知られる三木眞一郎が起用された。

ザーグ

バズ・ライトイヤー
©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

バズの宿敵。『トイ・ストーリー』シリーズでは、バズの本当の父親であることが明かされており、劇中では仲直りのキャッチボールをしていた。本国版で声優を務めるのは、『ウエストワールド』(1973)などで知られる名優ジェームズ・ブローリン。『アベンジャーズ』シリーズでサノスを演じたジョシュ・ブローリンの父親としても知られる。日本語吹替版には、ジョシュ・ブローリンが演じたサノスの吹替で知られる銀河万丈。不思議な巡り合わせだ。

『バズ・ライトイヤー』は大スクリーンで観るべき1作

バズ・ライトイヤー
(C)2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

『バズ・ライトイヤー』について知っておくべき前情報を強いて一つ挙げるとすれば、フィルムメーカーは本作を大スクリーンのために製作したということだろう。ディズニー&ピクサー作品といえば2020年公開の『2分の1の魔法』を最後に、ディズニープラス(Disney+)での配信公開が続いている。

コロナ禍の影響もあり、当初は劇場上映が予定されていた『ソウルフル・ワールド』(2020)や『あの夏のルカ』(2021)『私ときどきレッサーパンダ』(2022)は全て配信に切り替えられた。ディズニーのこの決定には、ピクサー社内のアニメーターたちから不満の声が挙がっていると伝えられていた。こうした中、ピクサー2年ぶりの劇場復活作となるのが『バズ・ライトイヤー』なのである。

アンガス・マクレーン監督によると、本作を手がけるにあたってはIMAX上映を意識したという。これに伴い、『バズ・ライトイヤー』の撮影で製作陣は、新たに開発した「アスペクト比1.43:1のバーチャルIMAXカメラ」を使用。製作がスムーズに進んだだけでなく、「IMAX用に撮って、そのままスタンダードの2.43:1のアスペクト比にトリミングすることが同時にできるようになった」と監督は語っていた

日本公開に先がけ、韓国、イタリア、北欧など一部のマーケットではすでに封切りを迎えている。本国アメリカでも現地時間6月17日より公開を迎える予定。計4,300館で上映され、初週末3日間で7,000〜8,000万ドルの興行収入、初登場1位が予想されている。2023年6月にはディズニー&ピクサー次回作『エレメンタル(原題)』が米公開を予定しているが、これを前に今一度、『バズ・ライトイヤー』がピクサーの劇場復活を堂々と宣言してくれるはずだ。

バズ・ライトイヤー
©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly