実写版『ライオン・キング』出演者が一部発表!オリジナル版ムファサが約25年ぶりの復活へ

ウォルト・ディズニーが企画を進行中の、実写版『ライオン・キング』から速報が到着した。監督を務めるジョン・ファブロー(『ジャングル・ブック』)が、主人公のシンバ、そして父親にしてプライド・ランドの王ムファサのキャスティングを公表したのだ。

ディズニー『ライオン・キング』リブート映画化が始動!監督は『ジャングルブック』のジョン・ファヴロー

シンバ:ドナルド・グローバー

実写版『ライオン・キング』で主人公シンバを演じるのは、『オデッセイ』のドナルド・グローバー。2017年8月11日公開の『スパイダーマン ホームカミング』にも出演しているほか、『ハン・ソロ(仮題)』では若きランド・カルリジアン役を演じることも決定している。いわば現在最も注目されている俳優の一人だが、名作アニメの主人公にどう挑むのだろうか?

ムファサ:ジェームズ・アール・ジョーンズ

ファブロー監督が「伝説と一緒に仕事をするのが楽しみ」と紹介するのは、ムファサ役を演じるジェームズ・アール・ジョーンズ。1994年のアニメ版でムファサを演じた人物が、ふたたび同じ役を演じることが決定した。現在のところ、実写版『ライオン・キング』の公開時期は未定だが、およそ25年ぶりに“オリジナル版ムファサ”が復活することになる。

ちなみにジェームズ・アール・ジョーンズといえば、THE RIVER的には、おなじみスター・ウォーズ』ダース・ベイダー役の声優である。そういえば『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にも久々のベイダー役で登場しただけに、御年86歳にして再演ラッシュというわけだ。

今後もオリジナル・キャストの復活なるか?

ムファサ役にアール・ジョーンズが起用されたということは、アニメ版で声優を務めた人物が、ほかにも実写版で復活する可能性を示唆しているだろう。たとえばスカー役のジェレミー・アイアンズや、ザズー役のローワン・アトキンソンあたりは、もし実現すれば今でも注目度の高いキャスティングとなりそうだ。そもそもムファサがアール・ジョーンズなら、なんとかスカーもジェレミー・アイアンズでお願いしたい。それにティモン(ネイサン・レイン)とプンバァ(アーニー・サベラ)や、シェンジ(ウーピー・ゴールドバーグ)、バンザイ(チーチ・マリン)、エド(ジム・カミングス)のハイエナ三匹も、やはりオリジナル・メンバーで観てみたい……。

とはいえ近年のディズニー実写作品は、ボイス・キャストに現代のスター俳優を多く配する傾向にある。果たして『ライオン・キング』はどんな顔ぶれが揃うのか、そもそも出演者はキャラクターの声だけを務めるのか(モーション・キャプチャーなどには参加しないのか)など、気になる点はまだまだ沢山ある。公開はまだ当分先になりそうだが、今から期待しておこう。

source: http://comicbook.com/2017/02/18/disney-brings-back-james-earl-jones-as-mufasa-in-the-lion-king/
Eyecatch Image: http://disney.wikia.com/wiki/File:Lion-king-disneyscreencaps.com-2890.jpg
© Disney

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。