Menu
(0)

Search

ポール・ラッド+ポール・ラッド主演「僕と生きる人生」10月18日配信決定、予告編が到着 ─ もしも自分の改良版に人生を乗っ取られたら

Living with Yourself(原題)
Netflix

『アントマン』シリーズのポール・ラッドが、『アントマン』シリーズのポール・ラッドと共演する“哲学的コメディ”、Netflixオリジナルシリーズ「僕と生きる人生」(原題:Living With Yourself)が、2019年10月18日(金)より独占配信されることが決定。このたび予告編が公開された。

ポール・ラッド演じる主人公マイルズは、人生に思い悩み、とあるスパで“最高の自分になれる”という施術を受けたところ、「新しい、より良い自分」に取って代わられてしまう。予期せぬ事態に陥ったマイルズは、妻のケイトや自分のキャリア、そして自分自身のアイデンティティと向き合わなければならなくなり…。「私たちは本当により良い存在になりたいと思っているのか?」を問いかける、自分の存在をめぐるコメディ作品だ。

僕と生きる人生
Netflix

出演者は、1人2役ならぬ“1人1役なのに2人”という役柄に挑むポール・ラッドのほか、アイルランド人のコメディアンであるアシュリン・ビー。本作でドラマシリーズ初主演となるポールは、自身の出演作『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』(2001)の前日譚ドラマ「ウェット・ホット・アメリカン・サマー: キャンプ1日目」(2015)、続編ドラマ「ウェット・ホット・アメリカン・サマー: あれから10年」(2017)のほか、『思いやりのススメ』(2016)『Mute/ミュート』(2018)といったNetflixオリジナル作品に出演してきた。

シリーズは全8話構成で、脚本はバラエティ番組やドラマ、ドキュメンタリー作品などテレビの世界で活躍する俊英ティモシー・グリーンバーグ。監督は『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(2018)のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリスが務めた。

「僕と生きる人生」ギャラリー

Netflixオリジナルシリーズ「僕と生きる人生」は2019年10月18日(金)より全世界独占配信

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly