Menu
(0)

Search

『ラストナイト・イン・ソーホー』アニャ・テイラー=ジョイ、最初は別の役を演じる予定だった

ラストナイト・イン・ソーホー
© 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

エドガー・ライト監督最新作、『ラストナイト・イン・ソーホー』がついに日本公開を迎えた。メインキャラクターのひとりであるサンディ役を演じたのは、「クイーンズ・ギャンビット」(2020)など飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍する俳優、アニャ・テイラー=ジョイ。どうやら彼女は別の役として検討されていたことがあったようだ。一体何役だったのか?

『ラストナイト・イン・ソーホー』の舞台は、イギリス・ロンドンの中心部にある、かつては歓楽街だったソーホー。異なる時代に存在するふたりの若い女性サンディとエロイーズが、ある恐ろしい出来事によって、それぞれが抱く夢と恐怖が重なっていくという奇想天外な展開が描かれる。

Total Filmによると、アニャはエロイーズ役として起用されていたとのこと。エロイーズはファッションデザイナーを夢見ており、ソーホー地区の専門学校に入学するため田舎から都会に出てくる少女。1960年代に憧れており、性格は比較的控え目だ。一方、サンディは歌手を夢見る魅惑的な少女で、エロイーズとは対照的とも言える社交的な性格を持つ人物である。

本作の撮影が開始する前に、ライトはアニャがサンディ役に適していることに気付いたのだという。ロバート・エガースによる『ウィッチ』(2015)、M・ナイト・シャマランによる『スプリット』(2017)『ミスター・ガラス』(2019)、ジョシュ・ブーンによる『ニュー・ミュータント』など、さまざまなジャンルの作品で異なる役柄を見事に演じ分けてきた気鋭俳優について、「カメレオンのようだ」と監督は称賛している。

どうやら監督は、アニャの変幻自在の演技に魅了され、サンディ役に変更したようだが、エロイーズ役でも完璧に演じていただろう。エロイーズ役を最終的に演じることになったのは、『足跡はかき消して』(2018)をはじめ、『ジョジョ・ラビット』(2019)『オールド』(2021)『パワー・オブ・ザ・ドッグ』(2021)など、アニャに退けを取らないほどの活躍ぶりをみせる俳優、トーマシン・マッケンジー。ネタバレになるため詳しい言及は避けるが、トーマシンもまた本作で変幻自在の演技を披露しており、それは観る者を別世界に誘うほど魅惑的だった。

『ラストナイト・イン・ソーホー』は公開中。

Source:Total Film

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly