ロキ様『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で出番を全カットされていた事実が判明

マーベル・シネマティック・ユニバースでソーの弟・ロキ役を演じているトム・ヒドルストン。いまや大ブレイクを果たし、次期ジェームズ・ボンドの噂もささやかれるスター俳優となった。

しかし、そんなMCUの出世頭も『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では出番を全カットされていたという。折に触れて語られてきたことではあるが、このたびヒドルストン自身がバラエティ誌に語った内容をご紹介しよう。

http://nerdist.com/tom-hiddleston-explains-why-loki-wasnt-in-avengers-age-of-ultron/

http://nerdist.com/tom-hiddleston-explains-why-loki-wasnt-in-avengers-age-of-ultron/

ソーの幻覚に登場するはずだった

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の見どころのひとつとして挙げられるのは、エリザベス・オルセン演じるワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチがアベンジャーズのメンバーに幻覚を見せる場面だろう。ロキはそのひとつ、ソーの悪夢に登場するはずだったという。

「ソーが見る悪夢のシーンだよ。夢でソーはロキやヘイムダルに出会って、そこでロキがソーを脅かすのさ。僕の撮影は1日だったけど、ジョス(・ウェドン監督)やクリス(・ヘムズワース)、イドリス(・エルバ)に会えて嬉しかったよ。ただ映画を試写してみたら、観客が『ロキがウルトロンを操ってる!』って思ったみたいだ。ケヴィン・ファイギ(製作総指揮)やマーベルのスタッフは『違うんだよなあ……』。で、彼らは夢のシーンが観客を混乱させてると判断したのさ」

もっともヒドルストンは「完成した映画を観て納得した」とも述べており、出演シーンがカットされたことにネガティブな印象は抱いていないようだ。

あらぬ誤解を防ぐためか、現在に至るまで『エイジ・オブ・ウルトロン』でのロキの出演シーンは公開されていない。しかし登場するだけで黒幕に見えてしまうとは、ワンシーンでどんな存在感を発揮したのだろうか……。

次にヒドルストンがロキ役で登場するのは『ソー:ラグナロク(原題)』。ロキを演じる最後の作品になるという噂もあるが、そう言わずに長く登場しつづけてほしいところだ。

ロキ役のトム・ヒドルストン様、まさかのお天気情報に生登場 兄ソーをイジる

source: http://www.cosmicbooknews.com/content/tom-hiddleston-explains-why-loki-was-cut-avengers-2
http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/news/avengers-age-of-ultron-tom-hiddleston-explains-why-his-loki-cameo-was-cut-a7190171.html
http://screencrush.com/hiddleston-loki-cut-age-of-ultron/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。