Menu
(0)

Search

マーベル「ロキ」では「予想外の」カメオに期待せよ ─ 脚本家が予告

ロキ
(C)2021 Marvel

トム・ヒドルストン主演、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新ドラマ「ロキ」が2021年6月9日より配信開始となる。多くのサプライズが仕掛けられてきた「ワンダヴィジョン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」に続く新作ということで、本作に寄せられた期待はなおのこと大きい。そんな中、MCUの恒例行事とも言えるカメオ登場に関して、本作で脚本・製作総指揮を務めるマイケル・ウォルドロンが気になる発言を繰り出した。

本作は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)の後、四次元キューブを手にして逃亡したロキが、改変させてしまった現実を元に戻すべく、“世界の時間”を修復する物語。米Digital Spyのインタビューに応じた監督のケイト・ヘロンによれば、本作は着想元とする原作コミックが特に無いというから、これまでのMCUの流れを引き継ぎながらもオリジナルのストーリーが展開されていく。

これまでのMCUの流れを除き、本作ではベースのストーリーが存在しないが故に、登場するキャラクターも未知数。ヘロンと共にインタビューに同席したウォルドロンは、原作コミックに基づいていないことを踏まえた上で、カメオ登場するキャラクターへのヒントを出している。いわく、「予想外(のキャラクター)に期待してください」というのだ。

ウォルドロンによれば、「権利の範囲内で法的にクリアしている」ことだけを条件に、本作では自由な製作が行われたという。つまり、カメオ登場についても、このルールさえ満たしていれば何でもあり得るということだ。

MCUにおけるカメオ出演者といえば、マーベル・コミックはじめアメコミ界の巨匠であるスタン・リーが代表的。そのほか主な例としては、初代ハルクを演じたルー・フェリグノが『インクレディブル・ハルク』(2008)で警備員役、俳優マット・デイモンやサム・ニールが『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でアスガルドの劇団員役でカメオ出演した。「ワンダヴィジョン」では、MCUへの『X-MEN』合流を予感させるようなサプライズカメオも実現している。

本作でのカメオ登場者を予想していくにあたり、ヒントとなりそうなのがロキの行き先。ロキは、現実を元通りにするべくMCUの様々な過去に遡っていくことになる。“どの時点の過去か”こそ定かでないものの、ロキが行き着くMCUの世界で、視聴者にとって馴染みのあるMCUキャラクターが登場するなんてことも考えられなくはない。あるいはデイモンやニールの例のように、大物俳優が端役で出演することもあり得る。また、登場する人物のほかにも、全6話の中でカメオが“どれだけ登場する”のかも気になるところだ。

Source: Digital Spy

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly