Menu
(0)

Search

マーベル「ロキ」海外レビュー ─ 「トム・ヒドルストンが良すぎ」タイムトラベル探偵ドラマとしての高評価も

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)新たなドラマシリーズロキが、2021年6月9日よりディズニープラス(Disney+)で日米同時配信となる。これまで恒例となっていた金曜日の配信ではなく、今回は水曜日のデビューとなるが、スケジュールのチェックは大丈夫かな?

期待の本作、海外では第1話と第2話の先行試写が行われたようだ。さっそく鑑賞した海外メディア関係者は、その興奮をTwitterで続々と報告している。主演トム・ヒドルストンへの絶賛評から、ドラマで描かれる「タイムトラベル」に関する所感まで。ネタバレはないから、まずはこれらのコメントをチェックして、第1話に向けての気分を高めよう。

「ロキ」第1話&第2話、海外レビュー・評価

スティーブン・ワインストローブ(Collider)

「『ロキ』最初の2話は素晴らしい。やっぱりトム・ヒドルストンはこの役にピッタリ。しかも、MCUが新方向に進んでいるところも最高。ロキが主導権を握るのではなく、ロキが状況を把握しようとしているのを見る感じ。」

ロブ・ケイエス(ScreenRant)

マーベルの『ロキ』最初の2話を観たけど、ハマる。第1話は下準備で、2話でまとまってくる感じ。『リック・アンド・モーティ』っぽさ(それと新しいレイヤー)がMCUに持ち込まれている。トム・ヒドルストンにはオーウェン・ウィルソンのメビウスという相手が現れて、この2人の共演なら今度数シーズンは見ていたい。

マーベルのタイムトラベルのルールや説明には今も大きな謎が残る。TVAがすごく奇妙で、まだ謎に包まれたところもあるので、今後大きな展開や詳しいディティールに繋がってくれるといい。」

 ブランドン・カッツ(Observer)

「『ワンダヴィジョン』はミステリーボックスのようなものだったし、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は人種やレガシーへの声明を出していた。『ロキ』は、少なくとも最初の2話だけ観た限りだと、これまでのマーベル・シリーズの中で、最も純粋なエンタメをやっていると思う。大胆なアクションコメディ。」

「タイムトラベルを扱った、スクリューボール(=テンポのよい喜劇)・探偵物語で、MCUのマルチバース要素に新たなフォーカスも当てている。ドヤ顔の、斜に構えたフーダニットものって感じ。」

※フーダニット:誰が犯行を行ったか(Who done it)の謎解きを行うミステリー用語。

ジェナ・ブッシュ(ジャーナリスト)

「『ロキ』最初の2話、素晴らしかった!ヒドルストンのカリスマや、ウィルソンとの化学反応に惹かれるはず。でも本当の魅力(そしてエモーショナルなガッツポーズをしちゃうところ)は、この愛すべきヴィランが、善の行いをするか、自分の目的のために動くか、その狭間を行き来するのを見れること。

それに、タイムトラベルの理論についても説明があって、納得だし楽しめる。思わずネットで調べたくなるような場面もあるけど、その必要はない。続きを観るのが楽しみ!」

エリック・デイヴィス(Fandango/RottenTomatoes)

「『ロキ』最初の2話を観たけど、今のところ大好き。MCUのマルチバースを下敷きにしたタイムトラベル探偵ドラマ。それに、キャラクターたちのアイデンティティや、醜い真実とも向き合っている。トム・ヒドルストンとオーウェン・ウィルソンのブロマンスが気に入りました。」

ブランドン・デイヴィス(ComicBook.com)

「『ロキ』はマーベル・スタジオのドラマの第1話として、文句なしで一番好き。2012年のロキらしさを表現したトム・ヒドルストンが良すぎる。最高。

序盤でMCUのファン向けに最高な描写がある。始まり方がめちゃくちゃ好き。ポテンシャルすごいぞ!」

ジョエル・メアーズ(Rotten Tomatoes)

「『ロキ』最初の2話を観たけど、これは……きらきら輝いてますね。探偵物語としても魅力的ですし、『マインドハンター』から『ゾディアック』『セブン』のようなフィンチャーっぽさもある(本当です)。それに、悪戯の神もたっぷり、笑いもたっぷり。プロダクションデザインも最高。第3話も期待。」

ペリ・ネミロフ(Collider)

「TVAに『ビートルジュース』っぽさがあってヤバい!2話まで観たけど、『ロキ』、これ私めっちゃ好きなやつ。TVAに魅了されたし、タイムラインのルールには間違いなく取り憑かれそう。それから、ロキの行動を見直そうとするというストーリーも最高。」

エリック・アイゼンバーグ(CinemBlend)

「『ロキ』最初の2話、ずーっと満面の笑み。ぶっちぎりの奇妙さが、映画的な素晴らしい広がりを見せてくれる。トム・ヒドルストンも今までで一番カリスマ性があって、謎めいていて。今の所、MCU最高のヴィランにふさわしいドラマになっている。」

モリー・フリーマン(ScreenRant)

「『ロキ』最初の2話を観たけど最高だった!トム・ヒドルストンが最高。この役を楽しんでいる姿が、観ていてすごく楽しい。オーウェン・ウィルソンも超楽しい。マーベルの真のSF、タイムトラベル大冒険。」

アレックス・リードビーター(ScreenRant)

「『ロキ』最初の2話を観て、完全に持っていかれたまではいかないけれど、興味はそそられている。説明が多くて、物語の勢いに欠ける。MCUの伝承に依存しているが、その上に楽しい世界観が構築されている。6時間の映画の第1幕という感じだから、これが準備段階ということか。」

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ロキ」は、2021年6月9日(水)日米同時配信。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly