Menu
(0)

Search

「ロキ」第1話、『アイアンマン』へのオマージュが存在していた ─『The Last of Us』「ウォレスとグルミット」にも

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)によるドラマ「ロキ」第1話の配信初日の米国視聴世帯数は、「ワンダヴィジョン」(2021)「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021)を超えるほどだった。そんな大人気の第1話では、アイアンマン』(2008)、ゲーム『The Last of Us』、アニメ「ウォレスとグルミット」へのオマージュが捧げられていたようだ。

『ロキ』の第1話の冒頭では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)にてロキがテッセラクトを入手した後、逃亡先の砂漠で不時着する姿が捉えられている。これは、『アイアンマン』にて「マーク1」が空中で壊れてしまい、トニー・スタークが砂漠に墜落する場面に捧げられたオマージュだ。監督を務めたケイト・ヘロンによると、MCUの原点である『アイアンマン』だからこそ、本作にて再現することを望んだのだという。「ロキの新たな旅立ちを表現したかったから」。

一方、『The Last of Us』については、ゲーム内に登場した場面を再現したものではない。それは神聖時系列を監視する機関「TVA」にて、ロキがメビウスから今後の出来事について説明を受ける場面にある。このシーンでは、『The Last of Us』エリー役の声優を担当し、『アベンジャーズ』にもキャスティングされていたアシュレイ・ジョンソンが一瞬だが確かに映し出されているのだ。『アベンジャーズ』ではニューヨーク決戦で逃げ惑う一般人という小さい役どころにもかかわらず、あえてそんなジョンソンが映っている場面を選択したのは、『The Last of Us』が監督にとってのお気に入りの作品だからだという。「彼女が登場する素晴らしい瞬間を入れずにはいられませんでした」。

そしてヘロン監督は、アニメ「ウォレスとグルミット」へのオマージュが存在していたことも明かしている。一体どこに捧げられていたのか、想像もつかないかもしれないが、それはロキがおなじみのコスチュームを剥がれて裸になった直後、床下に落下しながら囚人服への早着替えをさせられる場面にある。これは「ウォレスとグルミット」にて、ウォレスが部屋から落ちて、そのままズボンを履くという場面からの影響だ。今後のエピソードでも、さまざまなオマージュやイースターエッグに期待したい。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly