Menu
(0)

Search

「ロキ」第1話、『アイアンマン』へのオマージュが存在していた ─『The Last of Us』「ウォレスとグルミット」にも

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)によるドラマ「ロキ」第1話の配信初日の米国視聴世帯数は、「ワンダヴィジョン」(2021)「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021)を超えるほどだった。そんな大人気の第1話では、アイアンマン』(2008)、ゲーム『The Last of Us』、アニメ「ウォレスとグルミット」へのオマージュが捧げられていたようだ。

『ロキ』の第1話の冒頭では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)にてロキがテッセラクトを入手した後、逃亡先の砂漠で不時着する姿が捉えられている。これは、『アイアンマン』にて「マーク1」が空中で壊れてしまい、トニー・スタークが砂漠に墜落する場面に捧げられたオマージュだ。監督を務めたケイト・ヘロンによると、MCUの原点である『アイアンマン』だからこそ、本作にて再現することを望んだのだという。「ロキの新たな旅立ちを表現したかったから」。

一方、『The Last of Us』については、ゲーム内に登場した場面を再現したものではない。それは神聖時系列を監視する機関「TVA」にて、ロキがメビウスから今後の出来事について説明を受ける場面にある。このシーンでは、『The Last of Us』エリー役の声優を担当し、『アベンジャーズ』にもキャスティングされていたアシュレイ・ジョンソンが一瞬だが確かに映し出されているのだ。『アベンジャーズ』ではニューヨーク決戦で逃げ惑う一般人という小さい役どころにもかかわらず、あえてそんなジョンソンが映っている場面を選択したのは、『The Last of Us』が監督にとってのお気に入りの作品だからだという。「彼女が登場する素晴らしい瞬間を入れずにはいられませんでした」。

そしてヘロン監督は、アニメ「ウォレスとグルミット」へのオマージュが存在していたことも明かしている。一体どこに捧げられていたのか、想像もつかないかもしれないが、それはロキがおなじみのコスチュームを剥がれて裸になった直後、床下に落下しながら囚人服への早着替えをさせられる場面にある。これは「ウォレスとグルミット」にて、ウォレスが部屋から落ちて、そのままズボンを履くという場面からの影響だ。今後のエピソードでも、さまざまなオマージュやイースターエッグに期待したい。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly