Menu
(0)

Search

【ネタバレ】「ロキ」第6話の黒幕、ほんとうの正体を監督が説明「より近いのはイモータス」

ロキ
(C)2021 Marvel

この記事には、「ロキ」第6話『とわに時を いつまでも』のネタバレが含まれています。

ロキ
(C)2021 Marvel

最終話『とわに時を いつまでも』では、時の終わり「シタデル」に向かったロキとシルヴィがついに黒幕と対峙した。そこに現れたのは、『アントマン』シリーズ第3作『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア(原題)』のメイン・ヴィラン、カーンとして出演することが伝えられていたジョナサン・メジャーズの姿だった。しかし、劇中でメジャースが演じたキャラクターはカーンではなく「在り続ける者(He Who Remains)」とされている。紫装束に身を包んだ彼は「支配者」「征服者」と呼ばれてきたと話していたが、最後にはシルヴィに腹を刺され、死んでしまった。

「ロキ」完結後、米Deadlineの取材に応じたヘロン監督は「カーンはイモータスなのか?それともカーンの一部なのか?」と問われるや、「カーンは変異体です」と返答している。ここで述べられている“イモータス”とは、カーンの同一人物者として原作コミックに登場するキャラクター。「ロキ」で扱われたマルチバースと同様に、コミックでのカーンは、自らが歴史改変を行った末に生じた時間軸の分岐により別世界に何人かが存在しているのだ。

メジャースが演じた「在り続ける者」は、マルチバース同士の争いを避けるために神聖時系列を「シタデル」から治めており、どちらかといえば平和を望むヴィランらしからぬ存在であった。察した方もいるだろうが、それは「在り続ける者」が『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』に登場するカーンではないからである。ヘロン監督も、改めて作り手としての解釈を与えている。

「厳密には、彼(在り続ける者)はイモータスでもありません。どっちかというとシルヴィみたいなんです。彼女は、我々が伝えるストーリーにおいてユニークな存在です。在り続ける者もコミックにはいますが、ドラマでの彼は全然違う人なんです。どっちかといえば、より近いのはイモータスで、同じく我々が伝えるストーリーの中における唯一無二の存在なんです。カーンは、そのキャラクター(在り続ける者)の変異体です。

「在り続ける者」は死に際、シルヴィに向かって微笑みながら「近い内に会おう」と言い残し、力尽きた。『クアントゥマニア』に登場するであろうカーンは、容姿こそ「在り続ける者」にそっくりであっても、全く異なる思想、能力を持って登場するに違いない。

「在り続ける者」が死んでしまったことにより、神聖時系列は崩壊。モニター上に映し出されるタイムラインは分岐が無数に生じ、TVA内も大混乱のようだった。この続きは、最終話で発表された「ロキ」シーズン2で詳しく伝えられることになるだろう。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly