Menu
(0)

Search

ロキは共有できる役?トム・ヒドルストン、「私は一時的なたいまつ持ち」

マーベル ドラマ「ロキ」
(C)2021 Marvel

トム・ヒドルストンは、『マイティ・ソー』(2011)から現在に至るまで、ソーの義弟として変幻自在に他人に化け、巧みな話術で人の心を操る裏切り王子、ロキ役を演じてきた。ドラマ「ロキ」(2021-)ではマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品として初主演を務め、こちらはシーズン2の製作が決定済み。ヒドルストンはロキ役として、MCUを引き続き牽引していくことになるわけだが、本人はそれが永遠に続くものとは思っていないようだ。

Varietyにてヒドルストンは、ロキ役としての現状について、「私は一時的なたいまつ持ち(torchbearer)なんです」と説明している。Disney+のドラマ「ロキ」ではロキが、”キッド・ロキ”、“クラシック・ロキ”、“ボーストフル・ロキ”、“アリゲーター・ロキ”などの変異体たちと出会う物語が描かれ、それぞれヒドルストンとは異なる俳優・動物が演じていた。

ロキ
(C)2021 Marvel

素晴らしい役です」というヒドルストンは、「ロキは何世紀も前からここにいて、これから何世紀も先まで存在しつづけるでしょう。そのシルエットに僕はいま足を踏み入れているだけなんです」と持論を展開している。つまりヒドルストンは、ロキというキャラクターはすでに自分だけのものではなく、人種・年齢問わずに共有可能な役だと考えているわけだ。

一方で、「ロキ」シーズン1が最終回を迎えた直後、ヒドルストンは、「ロキを一生演じてほしいと言われたら、どうしますか?」といった質問を受け、「もちろん」と回答。10年以上にわたり演じてきたロキについては、「さまざまな側面があり、複雑な特徴を持っているので、演じるたびに新しい発見があったり、彼を進化させたり、これまでにない道を歩ませたりすることが出来ると思います」と述べていた。ヒドルストンのロキをはじめ、たくさんのロキが活躍する作品や展開に期待したいところだ。

Source: Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly