Menu
(0)

Search

トム・ヒドルストン、ロキ役を永遠に演じたい ─「演じるたびに新しい発見がある」

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『マイティ・ソー』(2011)からドラマ「ロキ」(2021-)に至るまで、ソーの義弟として変幻自在に他人に化け、巧みな話術で人の心を操る裏切り王子、ロキにふんしてきたトム・ヒドルストン。10年ものあいだ演じてきたキャラクターをヒドルストンは、この先も一生演じつづけたいようだ。

2021年7月14日に配信された最終回をもって、「ロキ」は一旦幕を閉じたが、シーズン2への更新がすでに決定している。マーベル・スタジオによるアニメ「ホワット・イフ…?」ではロキ役の声優として参加しており、The Hollywood Reporterによると、『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』での登場も見込まれているとも伝えられている。ヒドルストンによるロキのカムバックがすでにいくつもの作品で判明しているわけだ。

「ロキ」最終回を記念して、さまざまな質問に答えることとなったトム・ヒドルストン。「ロキを一生演じてほしいと言われたら、どうしますか?」といった質問に対しては、「もちろん」と答えた。「こんなにも長く演じることができたのは本当に幸運なこと」。ヒドルストンのブレイクのきっかけとなったロキのキャラクターについては、「人間の意識の中に長いあいだ存在している非常に興味深い人物」としながら、まだまだ掘り下げる要素がたくさん存在するという。「ロキにはさまざまな側面があり、複雑な特徴を持っているので、演じるたびに新しい発見があったり、彼を進化させたり、これまでにない道を歩ませたりすることが出来ると思います」。

ドラマでのロキはバーで和気あいあいと歌を楽しむなど、これまでのクールな姿とは一味違う姿も垣間見られた。今後の登場作品でも、ロキの知られざる姿が描かれることになりそうだ。そんなトム・ヒドルストンによるロキを次に観られるのは、2021年8月11日より配信開始となる「ホワット・イフ…?」だ。

Source:The Hollywood Reporter , Tumblr

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly