Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー』ロキ単独ドラマ、トム・ヒドルストンの主演が確定 ─ 「Disney+」詳細発表で正式告知

マイティ・ソー バトルロイヤル
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

米ウォルト・ディズニー・カンパニー/マーベル・スタジオは、『マイティ・ソー』雷神ソーの弟、ロキを主人公とするドラマシリーズ「ロキ(邦題未定、原題:Loki)」で、トム・ヒドルストンが主演を務めることを正式に発表した。

2019年4月11日(米国時間)、ディズニーは自社の新映像配信サービス「Disney+」の詳細情報を発表。ヒドルストンの主演はその中で告知されたもので、出演者の情報が正式に発表されたのは今回が初めてとなる。

“悪戯の神”ロキの単独ドラマは、「トリックスターであり、容姿を自在に変化させる能力を持つロキが、人類史のあちこちに登場しては歴史上の出来事に思わぬ影響を与えていく」というストーリー。かねてよりロキ役にはヒドルストンが続投するものとみられていたが、これまでには「ロキの若き日々を描くものになる」、「容姿を自在に変化させるために演じる俳優が複数人になる」などといった予想も繰り広げられてきた。ヒドルストンが主演を務めることが発表されたことで、ひとまず安心した方も少なくはないだろう。

ショーランナー兼脚本家、エグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは、アニメ「リック・アンド・モーティ」(2013-)に携わるマイケル・ウォルドロン。プロットといい人選といい、粋でシニカルな笑いをもってロキ&ヒドルストンの魅力を引き出してくれるシリーズになりそうだ。

「Disney+」ではロキのほか、バッキー・バーンズとファルコン、スカーレット・ウィッチとヴィジョンの単独ドラマも製作される予定。クリント・バートン/ホークアイの単独ドラマ化企画も報じられている。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、一連のドラマシリーズが『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年4月26日公開)以後のマーベル・シネマティック・ユニバースにおいて重要な役割を担うことを明言済み。それぞれのストーリーは、従来のMCUにも深く関係することになるという。

ディズニーの新映像配信サービス「Disney+」は米国にて2019年11月12日にサービス開始。「ロキ(邦題未定、原題:Loki)」の配信時期は未定。

「Disney+」サービス詳細はこちらの記事で

Source: Disney

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly