Menu
(0)

Search

『ロード・オブ・ザ・リング』新ドラマ「力の指輪」は6つのストーリー軸で展開へ、冥王モルゴスの「悪影響下に」 ─ J・A・バヨナ監督、単独インタビュー

ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪
(c)Amazon Studios

2000年代初頭、世界を熱狂の渦に巻き込んだファンタジーの王の帰還が近づいている──

J・R・R・トールキン著『指輪物語』の中つ国第二紀に迫るドラマシリーズ「ロード・オブ・ザ・リング: 力の指輪」が2022年9月2日に配信開始となる。米Amazon Studiosが手掛ける本シリーズでは、ピーター・ジャクソン監督の映画版3部作では描かれなかった冥王サウロンの台頭と諸悪の根源となった指輪創造の物語が紐解かれる。

全5シーズンとされている本シリーズで、物語のスタートを切るシーズン1第1&2話でメガホンを取ったのは、J・A・バヨナ監督。ギレルモ・デル・トロ監督に見いだされ『永遠のこどもたち』(2007)で監督デビューを果たしたバヨナ監督は、『インポッシブル』(2012)『怪物はささやく』(2016)などを経て、2018年に『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を手がけたことで世界的に名を知られるようになった。

THE RIVERは、ハリウッド超大作からそのまま大作路線を進み続けるバヨナ監督に単独インタビューを実施。多くが謎に包まれている「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」について、ストレートに直撃してきた。監督によると、どうやら物語は6つのストーリーに別れた群像劇となっているようだが、最後には1つの場所へと集結していくことになるという。気になる新旧キャラクターの活躍についても語ってくれた。

ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪
(c)Amazon Studios

「ロード・オブ・ザ・リング: 力の指輪」J・A・バヨナ監督インタビュー

── 本日はよろしくお願いします!

どうも、こんにちは。

── 監督、実はTHE RIVERのインタビューには2度目の登場です。前回は『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の時でした。お話をまた伺うことができて光栄です。

こちらこそです。ありがとうございます。

── この作品に監督が参加されると聞いた時、ものすごいスケールになるんだろうなと確信しました。企画には、どのようにして参加されたのでしょう?

この作品では、オファーを頂きました。ショーランナーのパトリック(・マッケイ)とJ・D(・ペイン)から電話をもらった後、腰を据えて話し合いました。二人とは初めてお会いしたので、作品についても、どんな話になるのかも全く分かりませんでした。映画版で描かれた出来事を繰り返すんだろうかとか、『シルマリルリオン』(『シルマリルの物語』)の映像化になるのかとか、色々考えましたけど、その時は全く情報は入っていませんでした。

話してみたら、嬉しいことに驚かされました。『指輪物語』の付録でさらっとしか触れられていないような第二紀を映像化するというアイデアも優れていました。本シリーズでは、トールキンがデザインした世界に対して堅実かつ一貫したように感じられる取り組みの術があっただけではありません。これまでに見たことのないキャラクターや世界を伝える上での自由も多く与えられていました。

ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪
(c)Amazon Studios

─ 先程『シルマリルの物語』について触れていましたが、やはり本シリーズはエルフの歴史をベースにしているのでしょうか?

いや、必ずしもそういうわけではないんです。この作品は、どちらかといえば第二紀の出来事を年代記的に記した『指輪物語』の付録を基にしています。そこでの出来事が描かれます。

── 本シリーズは徹底的な原作研究がなされているようですが、監督自身、製作開始前にトールキンの小説は読み直しましたか?

もちろんです。10代の時に初めて読んだ小説をもう一度手に取って、親しんでおきたいと思って。トールキンの世界は綿密に設計されていて、詳細も豊富に記されているので、素晴らしいツールになります。私たちが必要としていた全てがそこにはありました。

原作研究、映画版を超える野心

── ドラマ史上最大規模の予算が費やされていることでも話題です。監督は『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を手がけましたが、同作で得た経験や知識は活きましたか?

間違いなく活きました。次の作品に向きあうという時、これまでの作品一つひとつが多くの糧になってくれます。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』や『怪物はささやく』といった映画を例に挙げると、本シリーズでは技術的に難易度の高い視覚効果の経験が大きく役に立ちました。

──『ジュラシック』シリーズでは、恐竜の再現にアニマトロニクスが用いられていました。本シリーズでも未知の生物や壮大な都市が登場しますが、リアリティを追求するために役立ったことは?

本シリーズでは、できる限りリアルな撮影が意識されていました。俳優にとっても最高の演技を行う助けになったと思います。あと、(トールキンの)原作はとても綿密でリッチに書かれていて、全てが実在すると思ってしまうくらいリアルに感じます。まるで本当に起こったことなんじゃないかって。物語の中でキャラクターを再現する上では、原作の情報が役に立ちましたね。俳優たちも原作を読み込んでいたので、キャラクターについての知識は豊富でした。

ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪
(c)Amazon Studios

── ところで、撮影開始前にはトールキンのご家族と話すことは出来ましたか?

これについては、(ショーランナーの)パトリックやJ・Dに聞いた方が良いかもしれませんね。僕は話すことはできませんでしたが、彼らは話せたと思いますよ。

── バヨナ監督は物語全体の皮切りとなる最初の2話をシーズン1で担当されているんですよね。プレッシャーもそれなりに大きかったのでは?

プレッシャーに感じることといえば、作品のクオリティについてです。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の時は、『ジュラシック』サーガのファンからの重圧についてよく話していました。今作の場合はさらに(ファンダムが)大きい。クオリティを高めることに集中したり、新しい世界やユニークなキャラクターをたくさん作らなければいけなかったり、実際には気にする暇もなかったですけどね。

ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪
(c)Amazon Studios

── 本シリーズはAmazon制作のオリジナル作品となりますが、ファンはピーター・ジャクソン版のことを意識せざるを得ないと思います。物語の再現については、どのようにして折り合いをつけたのでしょう?

私もピーター・ジャクソン版は大好きです。彼の映画を観ると、どれだけトールキンの作品に忠実だったかが分かるじゃないですか。最終的なガイドとなるのは、ピーター・ジャクソンではないんです。彼はトールキンをスクリーンに蘇らせたんです。となると私たちもピーター・ジャクソンではなくて、原作を直接漁ることになりました。その意味では、プレッシャーは全く感じませんでした。ハードルが高いのはもちろん知っていましたけど、Amazonや作品に関わっている人たちにはそれを乗り越えようという野心が強かったです。最低でも映画版と同じくらい良いものでなくては、という。

── 製作に関してスタジオからの制約や要望などはありましたか?

僕が知る限りはありませんでしたよ。僕はAmazonから何も言われませんでした。実際は逆で、彼らは最高のサポーターでした。このドラマに寄せられている期待がどれだけのものなのかを理解されていましたし、それに正しく応えたいという思いも持っていました。彼らは常に支えてくれて、すごく助かりました。

6つのストーリーライン、「モルゴスの悪影響下に」

── 「力の指輪」は、冥王サウロンの台頭とエルフたちの戦いを描くと言われていますが、物語は歴史の特定の出来事に焦点を当てているのでしょうか?それとも第三紀までを網羅的に描いているのでしょうか?

この作品には、素晴らしい物語の流れ(弧、アーク)があります。これは稀なことですが、ショーランナーと話した時、彼らは予定している5シーズン分全ての物語を教えてくれました。どのように進んでいくのかを知れるのはとても助かります。基本的に、このドラマは指輪の鋳造を描くものです。『指輪物語』の付録で、トールキンはそのような時代があったことを描きました。物語を進める上でこうした素敵なガイドがありましたし、パトリックとJ・Dは特に、これらの出来事を観客にとって新鮮なものとしてお届けすることに長けていました。

── 20の指輪に関する描写も気になります。本シリーズでは、指輪の創造主であるケレブリンボールも登場しますが、やはり指輪の創造が一つのテーマになっているのでしょうか?

その通りです。皆さんが目の辺りにするケレブリンボールは素晴らしい男です。原作に馴染みのある人にとっては、彼に何が起こるのかを知っていますよね。面白いのは、結果を知っていても、どのようにしてそうなるのかは分からないということ。その意味では、皆さんもとても興奮するでしょうし、知っていると思っていた物語をより良く理解できると思います。

── 物語を引っ張っていくのは、ガラドリエルとエルロンドになるのでしょうか?彼らは『ロード・オブ・ザ・リング』で事の成り行きに干渉せず、見守る立場にありましたが、本シリーズでは見たことのない2人の姿に期待しても良いでしょうか?

そうですね。この作品には6つのストーリーラインがあります。そのなかで、ガラドリエルとエルロンドがそれぞれ牽引していく物語も描かれます。キャラクターたちが一つの事に集まっていく過程には、とてもワクワクしますよ。物語のサプライズをネタバレしたくないのであまり深く伝えられませんが、キャラクターたちは徐々に繋がりを持つようになっていくんです。パトリックとJ・Dのやり方はとても賢いです。

それぞれのトーンを持つ王国がたくさんあるような作品に向き合うのは難しいことです。そしてこのトーンをつなぎ合わせなくてはいけないですから。すごく骨の折れることです。全てのキャラクターがモルゴスの悪影響下にある状況ですから、同じ事に対してみんなが違うように直面することになるのも興味深いです。ゆっくりと彼らは繋がりを持つようになっていって……これ以上は言えないですが、パトリックとJ・Dは上手くまとめたと思います。

── オリジナルのキャラクターも登場するとお聞きしました。彼らについても期待して良いですかね?

もちろんです!私自身、新しいキャラクターをとても楽しみました。例えば、ポピーとノリというハーフット(ホビットの一族)のカップルが登場します。皆さんにも彼らのことを好きになってもらえたら嬉しいです。

── 時間が来てしまいました。最後に、J・D・ペインとパトリック・マッケイは、最終話のラストショットまで知っている、想像できているとおっしゃっていました。監督もご存知なのでしょうか?

…………はい、知ってます。

── やはり。

ハハッ。

── とにかく配信開始が楽しみで仕方ありません。お話くださりありがとうございました!

こちらこそありがとう。

「ロード・オブ・ザ・リング: 力の指輪」は、2022年9月2日(金)より Prime Video にて独占配信予定。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly