Menu
(0)

Search

『君の名前で僕を呼んで』脚本家のフルヌード・カット批判にルカ・グァダニーノ監督が反論「この映画に男性の全裸は必要か」

君の名前で僕を呼んで
『君の名前で僕を呼んで』©Frenesy, La Cinefacture

「これがアメリカ人的な態度です。女性が全裸になっても、誰も気にもしないし驚きもしないのに」。これは、君の名前で僕を呼んで(2017)の脚本を執筆した巨匠ジェームズ・アイヴォリーが2017年に米Varietyで発した言葉だ。

2017年公開のルカ・グァダニーノ監督作『君の名前で僕を呼んで』の脚本には、同性愛の男性キャラクターによるフルヌード・シーンが元々含まれていたが、後に改稿され、公開された映画ではカットされていた。これを受けて発せられたとされる上述の発言で、アイヴォリーは映画業界に疑問を投げかけた。

このたび英The Independentの取材に応じたグァダニーノ監督は、アイヴォリーの同批判について言及。「ジェームズは状況の空気が少し読めていなかった」と語った。この発言の意図には、必要性の無い露出に対するグァダニーノ監督独自の考えがあったようだ。

「ジェームズの主張や意見は、実用的な考えや映画との関係性をある意味欠いていたものだと思います。彼に問いたいのは、この映画に男性の全裸が必要なのかということ。僕はそう思いません。必要ではなかったんです。」

こう語るグァダニーノ監督は、「ジェームズが書いたものは、ヌードに関する過剰な描写を通して無理やり語られていた」と話す。一方で、アイヴォリーの物語を「市場の基準に満たないような、違った映画だった」とも以前話していたグァダニーノ監督。“市場の基準”がどのような観点から語られているのかは定かでないが、フルヌード・シーンの有無を巡る両者の議論には複雑な背景や事情が絡んでいるのだろう。

なお、アイヴォリーはグァダニーノ監督がフルヌードを演出しなかった理由として、主演を務めていたアーミー・ハマー&ティモシー・シャラメの出演契約書に全裸撮影を禁ずる項目があった為と指摘している。ちなみに、アイヴォリーは監督としての代表作『眺めの良い部屋』(1985)の劇中で男性のフルヌード・シーンを演出。同作は、第59回アカデミー賞で最多8部門ノミネート、3部門受賞という輝かしい成績を収めた。

あわせて読みたい

Source: Variety, Indiewire(1,2), The Independent

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly