Menu
(0)

Search

ルーカスフィルム、『スター・ウォーズ』ファンの意見は気にしている ─ キャスリーン・ケネディ社長が明言

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日イベント

「それはないですね、まったく。」

賛否を生んだ『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のへのファン批判が、『スカイウォーカーの夜明け』の構想に影響を与えるか、と尋ねられたときの、J・J・エイブラムス監督の回答である。『フォースの覚醒』(2015)で新たなサーガの先頭に立ったJ・Jは、「僕が早くにわかったのは、『スター・ウォーズ』には熱狂的かつ主張の激しいファンが数多くいるってことです。みなさんがそれぞれの意見をたくさん持ってますよね」と達観していた。

また、『最後のジェダイ』脚本・監督のライアン・ジョンソンには今後新たな3部作を手掛ける予定もあるが、やはり批判が製作に影響するかと聞かれて「そんなことはないですね。『スター・ウォーズ』は何をやっても大きな声が聞こえるものですから」と答えている

これらとやや反するようにして、『スカイウォーカーの夜明け』でサーガに区切りをつけようという頃、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディは、ファンの声に耳を傾けていると米The Los Angeles Timesに発言している。例えば、アニメ「クローン・ウォーズ」シリーズの復活はファンの嘆願を考慮して決定されたということだ。「そういう声は全部、意思決定の際に活かされています」、と。もちろん、物語の中身を作るJ・Jやライアンと、全体の方針を決めるキャスリーンでは立場が異なるため、それぞれ切り離して受け止める必要はある。

この度のキャスリーンの発言は、『スカイウォーカーの夜明け』後のスター・ウォーズ映画への計画を尋ねられた中でのもの。新たな方針策定にあたっては、ファンの声を無視するはずもないだろう。「無知はなく、知識がある」とは、ジェダイ・コードの教えである。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日(金)日米同時公開

Source:The Los Angeles Times

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly