Menu
(0)

Search

『ローグ・ワン』前日譚ドラマ、主演ディエゴ・ルナは何も知らない ─ 「ルーカスフィルムに信用されてない」その理由とは

ディエゴ・ルナ
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/34959302274

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)の前日譚ドラマ(タイトル未定)で主人公キャシアン・アンドーを演じるディエゴ・ルナは、いまだ作品の内容について何も教えられていないそうだ。ディエゴいわく、前作撮影当時の行いから、製作を務める米ルーカスフィルムから全くもって信用されていないらしい……。

米人気トーク番組「The Tonight Show」に出演したディエゴは、番組ホストを務めるジミー・ファロンから前日譚ドラマについて「ネタバレとかは抜きで、なにか話せることはありますか?」と聞かれると、「何もないです」とあっさり返答。「作品には参加しているんだけど、何も言えないんです。言いたくないとか、契約がどうとかではなく、(ルーカスフィルムが)何も教えてくれない。思うに、信用されてないんです」。

主演を務めるディエゴですら、詳細を知らないことなどあるのかと思いきや、どうやらそれ相応の理由があったようだ。ジミーが「なぜ信用されていないんですか?」と尋ねると、ディエゴは一言。「だってメスカルが好きだから」。メスカルとは、アルコール度数40度以上のメキシコ特産蒸留酒のことである。

会場が笑いに包まれる中、ディエゴは続けて「酔っ払ってついペラペラ話してしまうんです。あとは『ローグ・ワン』の撮影中、よく脚本を置いていっちゃって。どこにでも置き忘れてしまうんです。そのことに気づかれてしまって」。さらには、「独身だったから、(友人や女性の前で)ちょっとカッコつけて、“どんな映画か知りたいかい?”とかね」との冗談さえ交えている。……冗談ですよね?

前日譚ドラマでは、反乱軍のスパイとして暗躍していた頃のキャシアンと、相棒ドロイドのK-2SO(アラン・テュディック)の“語られざる冒険”が描かれる。ショーランナーを務めるのは「ジ・アメリカンズ」(2013-2018)製作総指揮のステファン・シフ。パイロット版(第1話)の脚本、および複数エピソードの監督には、『ローグ・ワン』でギャレス・エドワーズ監督とともに再撮影・再編集を手がけたトニー・ギルロイが起用されている。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』前日譚ドラマ(タイトル未定)は、ディズニーの映像配信サービス「Disney+」にて発表予定。

Source: The Tonight Show

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly