Menu
(0)

Search

「ルーク・ケイジ」リブートに主演マイク・コルター「何でも可能、またやりたい」

Mike_Colter マイク・コルター
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/people/22007612@N05

Netflixで製作・配信されたドラマ「Marvel デアデビル」(2015‐2018)の新シリーズがディズニープラス(Disney+)にて始動したが、Netflixで誕生した他のマーベルドラマがリブートされる可能性はあるのだろうか? 

Netflixのマーベルドラマに登場したキャラクターらの権利がディズニー傘下になって以来、「デアデビル」主演チャーリー・コックスは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にカメオ出演し、デアデビルの宿敵であるキングピン役ヴィンセント・ドノフリオは、ドラマ「ホークアイ」(2021)に同役でカムバック。その後、「デアデビル」新作ドラマシリーズが発表されたが、他のNetflixマーベルドラマやそのキャラクターが復活する情報は聞こえてこない。

そんななか、「Marvel ルーク・ケイジ」(2016‐2018)に主演したマイク・コルターが米番組「The Rich Eisen Show」に出演。「ルーク・ケイジ」がリブートされる可能性について訊かれ、「可能性はあるでしょうね。どれぐらい確率があるのかは分からないし、具体的に提供できる情報はありませんが」と回答。コルターは、「いつも人から“可能ですか?”と訊かれますが、僕は“何でも可能です”という感じです」と答えている。可能性だけを語るなら“ノー”とは言えないということらしい。

続けて、司会者に「リブートというコンセプトにはオープンですか?」と質問されたコルターは、前向きなコメントで反応。「もちろん、オープンです。(『ルーク・ケイジ』では)素晴らしい時間を過ごしたし。スーパーヒーロー番組の撮影では肉体的なアクションが必要なわけですが、そういうアクションから離れて良い休憩も取れましたから。ですから、またやりたいですね」と意欲を見せている。

その他のNetflix製作によるマーベル・ドラマシリーズ、「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」(2015‐2019)、「Marvel アイアン・フィスト」(2017‐2018)、「Marvel パニッシャー」(2015‐2019)、「「Marvel ディフェンダース」(2017)がリブートされる可能性についても、今後の動向に注視しておきたい。

あわせて読みたい

Source:The Rich Eisen Show

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly