Menu
(0)

Search

『ワンパンマン』ハリウッド実写版、『ワイスピ』監督が就任 ─ 2022年末までに撮影開始見込み

ワンパンマン
ワンパンマン 1(集英社刊)

日本発の大人気漫画の実写版『ワンパンマン』に、『ワイルド・スピード』シリーズや『スター・トレック BEYOND』(2016)などのジャスティン・リン監督が就任したことがわかった。米Deadlineが独占で報じている。

『ワンパンマン』は、原作・ONE、作画・村田雄介による漫画で、「となりのヤングジャンプ」にて現在連載中。頭髪全てを失うほどにまで鍛え上げすぎた結果、“ワンパン”でどんな敵でも倒せるようになった最強の男、サイタマを描く物語だ。そんな前代未聞のヒーローが、退屈な日々の中で強敵を求めていく。漫画は日本のみならず、アメリカをはじめ世界各国で高い人気と評価を誇っており、アニメ版も製作されている。

このたび監督として起用されたジャンスティン・リンは、『ワイルド・スピード』シリーズでは、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)をはじめ、『ワイルド・スピード MAX』(2009)、『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011)、『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(2021)でメガホンをとり、シリーズファンから高い評価を受けた。シリーズ第10作『FAST X(原題)』の監督としても就任していたが、撮影開始1週間足らずで突如と降板。その理由は、「創作上の違い」によるものと報じられている。メガアクションシリーズで培った技術が、いかにして『ワンパンマン』のハリウッド実写版で活かされるのかに注目したい。

ソニー・ピクチャーズが進行している実写映画版の脚本を執筆するのは、既報の通り、『ヴェノム』(2018)や『ジュマンジ:ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)『ジュマンジ:ネクスト・レベル』(2019)のスコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー。プロデューサーには、『スパイダーマン』シリーズなどのアヴィ・アラッドのほか、ジャンスティン・リンも参加している。リンはローゼンバーグとピンクナーと共に、脚本のリライトもするとのこと。

シリーズ化も視野に入れているという実写版の撮影は、2022年末までに開始される見込みだ。

『ONE PIECE』ハリウッド実写化も進行中

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly