Menu
(0)

Search

初代ワンダーウーマンのリンダ・カーターがハリウッド殿堂入り ─ 記念式典にパティ・ジェンキンス監督も参加

WONDER WOMAN and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 1975, 1976, 1977 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

1970年代に全米放映され、日本でも1977年から78年に「空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン」 のタイトルで、1980年から81年に渡っては「紅い旋風ワンダーウーマン」のタイトルで放送されたドラマ版「ワンダーウーマン」シリーズから、ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンを演じたリンダ・カーターが「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」にその名を刻むこととなった。

WONDER WOMAN, Lynda Carter, 1976-79

リンダ・カーターは、テレビ部門において貢献した人物として2,632番目に登録される人物となる。2018年4月3日にハリウッド大通りで行われる記念セレモニーには、米CBS局のCEOレスリー・ムーンブス、そして映画『ワンダーウーマン』(2017)パティ・ジェンキンス監督も出席する。

ウォーク・オブ・フェームと言えば、先日『スター・ウォーズ』シリーズのマーク・ハミルも2,630人目として星が授与されたばかり。マーク・ハミルに続き、この度のリンダ・カーターの殿堂入りは、長年ポップ・カルチャーを牽引してきた人物の功績が晴れて認められた形となる。

1951年生まれのリンダ・カーターはテレビドラマ「ワンダーウーマン」シリーズの主演で一躍知名度を上げた。その後も映画・ドラマで幅広く活動し、近年ではドラマ「SUPUERGIRL/スーパーガール」の米国大統領役でも知られている。2019年11月より米国公開予定の『ワンダーウーマン』続編映画にカメオ出演を果たす可能性も報じられていた

なお、リンダ・カーターによる伝説のドラマ「紅い旋風ワンダーウーマン」は、6枚組の後編DVDボックスが2018年3月21日に発売予定。日本初ソフト化となる。前編のDVDボックスは好評発売中。

(文:まだい)

Source: Hollywood Walk of Fame

 

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly