Menu
(0)

Search

マイケル・B・ジョーダン、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』オーディションに参加するも「大失敗だった」

マイケル・B・ジョーダン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19568605909/

ハリウッドの最前線で活躍する役者の多くの過去には、後ろ髪をひかれるような、あるいは赤っ恥をかいたような失敗がある。『クリード』シリーズや『ブラックパンサー』(2018)など、ハリウッド作品に引っ張りだこのマイケル・B・ジョーダンもそうした経験を経たうちのひとりだ。

このたび米VarietyのポッドキャストJust for Varietyに登場したマイケルは、俳優としては成長期にあった2010年代前半当時の失敗を振り返った。それは、J・J・エイブラムス監督の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)でのオーディション時のこと。2013年の実施から約8年が経過した今、マイケルは「今までで最悪だったオーディションだと思います」と当時を思い起こす。その理由について「脚本について理解できないことがありました。こうしたハイレベルな企画での台本読みだと、自分が具体的な脚本の中身を知ることは絶対にありませんから」とマイケル。「すべてが超漠然で、何から何まで秘密でした」と話している。

つまり、マイケルは自分の役どころを知らずに『フォースの覚醒』のオーディションを受けたということになるが、手渡された台本はどのキャラクターのセリフだったのだろうか。もしも主要キャラクターのオーディションだったのであれば、ジョン・ボイエガが演じたフィンや、オスカー・アイザックが演じたポーが頭に浮かぶ。マイケルは改めて、「読んでいて(役と)繋がることが出来なかった。間違いなく大失敗でした」と苦い経験を語った。

マイケルといえば、黒人俳優を起用して新始動すると伝えられているスーパーマンの新作映画で主演を務めるという噂がかねてより囁かれており、製作を務めるJ・J・エイブラムスとの面会報道もなされていた。マイケルが仮にオーディションを受けるということになれば、『フォースの覚醒』ぶりにエイブラムス作品へのリベンジとなる。

あわせて読みたい

Source:Just for Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly