Menu
(0)

Search

『エターナルズ』マ・ドンソク兄貴の出演映画を厳選紹介 ─ 韓国最強の男、この4作を観よ

エターナルズ
(c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『エターナルズ』(2021)は、7000年ものあいだ人類を見守ってきた10人の守護者、“エターナルズ”を描く一大群像劇。強さと優しさを合わせ持った最強の戦士、ギルガメッシュを演じたのは、韓国が世界に誇る俳優のマ・ドンソク/ドン・リーだ。

マ・ドンソクといえば、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)をはじめ、『犯罪都市』(2017)『悪人伝』(2019)など数々の韓国映画にて破壊力のある鉄拳を敵に与えてきたことで知られる。『エターナルズ』でもまた、コズミック・エネルギーを拳にまとい強化させて、ディヴィアンツに強烈な一撃を食らわせていた。その圧倒的な強さと巨漢の見かけとは裏腹に、エターナルズの良心的な存在であり、アンジェリーナ・ジョリーふんするセナとの固い絆に魅了された方も多くいるに違いない。

エターナルズ
(c)Marvel Studios 2021

本記事では、そんなマ・ドンソクの簡単な経歴紹介から、これまでに出演してきた作品を厳選していくつか紹介したい。

マ・ドンソクの経歴

この投稿をInstagramで見る

Don Lee 마동석(@donlee)がシェアした投稿

1971年に韓国で生まれたマ・ドンソクは、18歳で家族と共に米国に移住し、そこで米国国籍を取得した。大学卒業後、フィットネストレーナーやボディビルダーとして活動した後、子供の頃からの夢だった俳優に転身し、ファン・ジョンミンらが共演した韓国映画『天軍』(2002)にて映画初出演する。その後、『隣人-The Neighbors-』(2012)『新感染 ファイナル・エクスプレス』をはじめ、数々の韓国映画に出演し、『エターナルズ』でついにハリウッド進出を果たした。ちなみにマ・ドンソクは、“マ・ドンソク”と“ラブリー”を組み合わせた愛称、“マブリー”としても親しまれている。

マ・ドンソク オススメの出演作

『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)

『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、カンヌ国際映画祭をはじめ、ファンタジア国際映画祭、シッチェス・カタロニア国際映画祭にて絶賛され、マ・ドンソクの名を世界に轟かせたと言っても過言ではない作品だ。

舞台は、ウイルスの感染爆発に見舞われる韓国。ソウルからプサンに向かう高速列車の中で、大量に押し寄せる感染者たちと乗客者たちの死闘が描かれる。コン・ユ演じる主人公の父と幼い娘のほか、マ・ドンソク演じる大男の夫と妊婦の妻、横柄で身勝手な中年のサラリーマン、野球部の高校生たちなど個性に溢れた乗客者たちが、密室と化した車内で生き残りをかけて奮闘していく。果たして、彼らは生き残ることが出来るのか?

車内で繰り広げられる生存者たちによるスペクタクルなゾンビバトルは、単に逃げ惑ったり、武器で戦ったりするのではなく、そのシチュエーションにあわせた展開がしっかりと用意されている。また、極限状態だからこそ浮かび上がる人間の本質や、全力疾走する生存者たちによる感動の物語が描かれており、かつてないゾンビ映画に魅了されるに違いない。そして忘れてならないのが、同作で影の主役と言われるほどの存在感を発揮したマ・ドンソクだ。ゾンビを素手で倒す姿に注目しよう。

キャストはコン・ユとマ・ドンソクをはじめ、『82年生まれ、キム・ジヨン』(2019)などのチョン・ユミ、『パラサイト 半地下の家族』(2019)などのチェ・ウシク、元Wonder Girlsのメンバーであるソヒら。監督を務めたのはヨン・サンホ。同作の前日譚を描いたアニメ『ソウル・ステーション/パンデミック』(2016)、そして続編映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』(2020)、『サイコキネシス 念力』(2018)など数々の話題作を手がけている鬼才監督だ。

なお同作は、ハリウッド・リメイクも決定済みだ

『犯罪都市』(2017)

『犯罪都市』は、2004年に実際に発生した事件を基に、強行犯係の刑事、韓国マフィア、中国の新興勢力、三つ巴の死闘を描いた作品だ。青少年観覧不可映画としては、『アジョシ』(2011)を超えて韓国歴代三位に躍り出た。興行面だけでなく、青龍映画賞をはじめ数々の国内映画賞を総なめにし、批評面でも高く評価された一作だ。

舞台は、2004年の韓国・ソウル。マ・ドンソクが演じるのは敵が包丁を持っていようとも、張り手ひとつで一瞬にしてねじ伏せられる強行犯係の最強刑事マ・ソクトだ。ある日、ビリヤード場で殺傷事件が発生し、ソクトは犯人を逮捕することに成功し、対立する組織同士の仲を取り持とうとするも、そこに中国の新興勢力が現れて、一触即発の事態に発展していく。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly