Menu
(0)

Search

ブラックパンサー役チャドウィック・ボーズマンとファルコン役アンソニー・マッキー、初対面エピソードがエキセントリックすぎる

チャドウィック・ボーズマンとアンソニー・マッキー
photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/people/22007612@N05 CC BY-SA 2.0 | CC BY-SA 3.0 | Remixed by THE RIVER

2020年8月28日に他界した人気俳優のチャドウィック・ボーズマン。彼を偲ぶと寂しい気持ちでいっぱいになるが、演者仲間がボーズマンとの笑えるエピソードを披露してくれている。

Entertainment Tonightでチャドウィック・ボーズマンとの初対面時の思い出を明かしたのは、マーベル・シネマティック・ユニバースでファルコン/サム・ウィルソン役としてブラックパンサー/ティ・チャラ役ボーズマンと共演したアンソニー・マッキー。「チャドとは沢山の思い出があります。友として、心から気にかけていました」と振り返っている。

ふたりの出会いは1998年。ボーズマンが母校ハワード大学で監督を務めた舞台を見るために、マッキーが出かけた時のことだったそう。

「当時の彼女と一緒に劇場に行ったら、彼は黒いオフィスチェアに座って、部屋をくるくる周ってたんです。

彼女が“ねぇ、チャド。ジュリアード(アンソニーの出身校)でのクラスメートを紹介したいんだけど。アンソニーだよ”って言ったら、彼が“待て、集中してるから!邪魔しないでくれ”っつって、ずっと部屋をくるくる周ってるんですよ。」

謎の行動を取るチャドに、アンソニーが「どうも、はじめまして」と挨拶してみたところ、チャドは「あとちょっとだ!」と言いながら、椅子に乗って部屋でスピンし続けていたということだ。

それから年月が流れ、アンソニーが「初めて会った時のこと、覚えてるか?」と尋ねた時には、チャドは「その話はしないでくれ」という反応だったそう。「若い頃は、色々あったんだよ」と。何があったというのか……。

あわせて読みたい

Source:Entertainment Tonight

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly