Menu
(0)

Search

アンソニー・マッキー、新キャプテン・アメリカ役を年内にも再演か

ファルコン&ウィンター・ソルジャー
© 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバースのドラマファルコン&ウィンター・ソルジャーで、ファルコン/サム・ウィルソン役として主演を務めたアンソニー・マッキー。同作ではキャプテン・アメリカ継承の物語が描かれており、今後は製作が発表された映画『キャプテン・アメリカ』第4作に登場すると考えられている。

ところがマッキーはこの度、この4作目の『キャプテン・アメリカ』よりも前に新キャプテン・アメリカ役を演じる可能性を示唆するような発言を見せている。アメリカのテレビ番組にゲスト出演したときのことだ。

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」で新キャプテン・アメリカ役を演じ終えたばかりのマッキー。番組のホストから、今も体型維持のために食事制限はしているかといった旨の質問をされ、「毎日、フライドフィッシュを食べていて、これは問題だよ。ファット・マッキーになっちゃう」との返答で番組ホストを笑わせている。トレーニングからも解放されていた自粛期間中には、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の「ファット・ソー」になりかけていたというほど、自由な食生活を送っていたらしいマッキーだが、続けてこんなことを言っているのだ。

「(肉体改造には)4ヶ月かかって、それこそ今も最初のひと月目が終わったところです。ファット・マッキーから、ムービー・マッキーに戻るための4ヶ月のね。」

この発言から、キャプテン・アメリカ役の今後の予定を推測することができる。つまりマッキーは、4ヶ月の準備期間の後、2021年7月頃に、シェイプアップした状態での登場が求められる何らかの撮影を控えているということだ。これがマーベル作品であるかどうかは定かではないものの、ちょうどその頃にはウォーマシン/ジェイムズ・ローディ・ローズ役ドン・チードルが主演の新作ドラマ「Armor Wars(原題)」の撮影があると見られる。チードルが2021年2月の時点で「数ヶ月後に撮影を始める」と明かしていたのがヒントだ。

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」には、第1話でチードル演じるローディがゲスト登場していたのだから、「Armor Wars」の方にサム・ウィルソンが登場しても何らおかしくない。「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」第1話では、ローディがサムにキャプテン・アメリカの盾を継がなかったのはなぜかと尋ねていた。その後、さまざまあって盾を継いだサムが、新キャプテン・アメリカとしての報告をローディにする、といった展開も考えられるのではないだろうか。

「Armor Wars」は、トニー・スターク最大の恐怖、「もしも技術が悪の手に渡ってしまったら?」が現実化してしまった物語を描くというドラマ。偉大な力は、しかるべき者の手に収まるべきだという教訓を、サムは「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の物語で学んでいるはず。テーマ的にも合致するように見えるが、果たして真相やいかに?

あわせて読みたい

Source:The Daily Show with Trevor Noah,ET

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly