Menu
(0)

Search

アンソニー・マッキーが監督デビュー ─ 公民権運動の先駆者クローデット・コルヴィンを描く映画

アンソニー・マッキー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48469318202/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『キャプテン・アメリカ』シリーズ、『アベンジャーズ』シリーズ、ディズニープラス(Disney+)のマーベルドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2020)のファルコン/サム・ウィルソンで知られるアンソニー・マッキー。『キャプテン・アメリカ』シリーズ第4作に主演することが決定したマッキーが、映画『Spark(原題)』で監督デビューを飾ることが明らかとなった。

Deadlineによれば、本企画は、1955年に米アラバマ州で白人に席を譲らなかったとして罪に問われた公民権運動の先駆者、クローデット・コルヴィンを描く映画。当時、15歳だったコルヴィンは白人に席を譲らないことで人種差別に立ち向かった。この出来事は、公民権運動時代のシンボルとなったローザ・パークスが、同じく白人に席を譲ることを拒否して逮捕された9ヶ月前に起きた。しかし、同運動の他の指導者たちにより、まだ少女だったコルヴィンは公民権運動の理想的な“顔”ではないと判断され、パークスのように歴史に名を残す存在にはならなかったとされる。『Spark』では、一般的に存在が知られていないコルヴィンという人物、そして彼女の人生を伝える作品になるようだ。

マッキーは、メンフィスの国立公民権運動博物館を訪れた時にコルヴィンについて知り、彼女の物語を伝える必要があると感じたという。「感動しただけでなく、刺激を受けました。映画のスーパーヒーローになるのは素晴らしいことですが、彼女は私たちの中に息づいている実在の人物であり、彼女の物語を伝えられることを光栄に思っています」と、映画に対する意気込みを語っている。

コルヴィン役で主演するのは、『ドリームプラン』(2021)で女子プロテニス選手のビーナス・ウィリアムズを演じ、『フェンス』(2016)などに出演しているサナイヤ・シドニー。マッキーが主演した『ザ・バンカー』(2020)で共同脚本を担ったニコール・R・レヴィがペンを執り、マッキーは、『ワインは期待と現実の味』(2020)のジェイソン・マイケル・バーマン、『パヴァロッティ 太陽のテノール』(2019)のマーク・アンブロース、『Percy(原題)』(2020)のケロン・アキームとプロデュースも兼任する。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly