ライムスター宇多丸、モノクロ版『マッドマックス』は「どの基準でも最高の映画」!高橋ヨシキと語る『 <ブラック&クローム>エディション』の魅力とは?イベントレポ

全世界を熱狂の渦に包み込み、圧倒的な世界観で人々を惹きつけた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が、モノクロバージョンとなって日本にやってきた!

THE RIVERは、2017年2月8日に発売される『マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション』発売記念イベント、『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル Presents マッドマックス 怒りのデス・ロード<ブラック&クローム>エディション発売記念 試写会 〜お前なんか真っ先に死ぬ〜』に潜入した。

『マッドマックス』の大ファンだというラッパーであり映画評論家でもあるライムスター宇多丸、映画ライター/デザイナーとしてご活躍中の高橋ヨシキ。そんなお二方が語る『マッドマックス 怒りのデス・ロード<ブラック&クローム>エディション』の魅力とは?

<ブラック&クローム>の凄さ

マッドマックス ブラック&クロームエディション

高橋氏 「ジョージ・ミラー監督はサイレント映画がすごい大好きなんです。モノクロになってみて、”グラフィックノベル感”が強まりました。それに、(モノクロ化により)この物語の本質的なところがより見えていた。”神話っぽさ”も高まりましたね。」

宇多丸氏 「モノクロもカラーも本当にどっちも良い!モノクロの方が構造が分かりやすくなっていたかも。コントラストもくっきりしてて、不吉さとか狂気も浮き彫りになっていた気がします。」

高橋氏 「モノクロ映画って物語の”汚らしい”ところがより汚くみえますよね(笑)。機械の油とか、汚れとか。本当に”めちゃくちゃ汚いんじゃないか”って思えましたよね。」

宇多丸氏 「カラーの時よりえげつなく思えますよね(笑)。 モノクロになってみて”アンダーグラウンド感”が増してかっこよかった!ウォー・ボーイズの白塗りも際立って見えて。」

高橋氏 「モノクロ映画は、背景と人との区別がつきにくい…というところがあるんですよ。でもこの『マッドマックス』は違かった。」

宇多丸氏 「前半って煙や砂埃とかのシーンが多いじゃないですか。あの微妙に違う色とか、あとはナイトシーンなんかもモノクロ映画ならではの良さがありましたね。いや〜映画ってすごい!本当にありがとう!という気持ちになりますね!(笑) 」

マッドマックス ブラック&クロームエディション

©2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED ©2016 WARNERBROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

そう、お二方が語られていたように、『マッドマックス 怒りのデス・ロード<モノクロ&クローム>エディション』は”誰も観たことがない”映画なのだ。高橋も、「モノクロ映画、映画の根源に近づいたら新しい形が生まれましたね」と絶賛する。

『マッドマックス』の世界といえば、砂漠の赤、オレンジ、錆びた茶色。そして対照的な青い空、透明な水。しかしそんな色の数々が、見事に白と黒のグラデーションで表現されていた。色の無い世界だが、明暗がくっきりとしていて奥行きがあり、冒頭のシーンなどは思わず色がついているんじゃないかと思えるほど。

お二方の好きなシーン、キャラクターは?

マッドマックス ブラック&クロームエディション

高橋氏 「僕、朝方にジョー達が休んでるところが好きなんですよ(笑)。 砂漠って本当に暑いからああやって動きたくないんだろうなって(笑)。」

宇多丸氏 「ヤマアラシ族も休んでるシーンがありますもんね(笑) 。ジョーなんかヨタヨタ走るところとか、本当にただの親父っぽいもんなあ…自分の子供も死んじゃって、そりゃショックでぼーっとしたくなりますよね(笑)。 それから、いつも気になるのはあの楽器車! ドラムの人が1番大変そう(笑)。」

高橋氏 「ギターの子ばっかり目立っちゃって、ドラムの子はあんなに頑張ってるのに後ろで活躍が見えないですからね(笑)。でもあのギターの子もかわいそうな背景がね、お母さんの死体と洞窟にいるところをジョーに拾われたりとか…あと、モノクロになってみて改めて思う、シャーリーズ・セロンの美しさ!」

マッドマックス ブラック&クロームエディション

©2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED ©2016 WARNERBROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

高橋が語るように、モノクロバージョンでも シャーリーズ・セロンを始めとする女性達の美しさは圧巻だった。埃くさく汚れにまみれたあの世界の中で、女性達のみずみずしくつやつやとした肌と色気は、モノクロになっても失われていなかったし、むしろより神聖に映し出されていた。

宇多丸氏 「シャーリーズ・セロン、モノクロになってみて彫りの深い顔立ちががいっそう際立っていましたね!あの大きな目とか、ぎょろっとしてて。かっこよさが増して見えました。キャラがそれぞれみんな濃いのも『マッドマックス』の魅力ですよね。カーアクションのシーンでも、キャラクターの個性が車の動きに現れてて。」

高橋氏 「誰がどの車に乗っているか分かるぐらいですよね、車自体はもう生き物みたいで。それにあのヤマアラシのトゲがついた車とか、楽器車とか、火炎放射器付きの車とか、あれを想像して映像化されてるってことがたまりませんね(笑)。」

宇多丸氏 「あの棒高跳びみたいな攻撃は、オーストリアの大道芸からヒントを得たらしいですよ。ただ撮影がすごい難しかったらしくて、CGを使うかジョージ・ミラー監督は迷ってたらしいです。よっぽどあの攻撃の仕方がお気に入りだったんですね(笑)。」

©2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED ©2016 WARNERBROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

近未来、カーチェイスという設定やアクションは決して新しい映画のアイディアではない。しかし、”今までとは全く違う!”と感じるところが『マッド・マックス』の魅力だと語るお二方。

宇多丸氏 「この『マッドマックス 怒りのデス・ロード<ブラック&クローム>エディション』は、どの基準で評価しても最高の映画だと思います。」

高橋氏 「ぼんやりしちゃうほど”良かった”の気持ちでいっぱいですね。またまた良かった!『マッドマックス』!」

image

ジョージ・ミラー監督も「ベスト・バージョンだ!」と豪語する『マッドマックス 怒りのデス・ロード<ブラック&クローム> エディション』。『マッドマックス』の魅力はそのままに、今までとは違った世界観に引き込んでくれる。この物語の本質的な力を見せつけてくれるのだ。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード<ブラック&クローム>エディション』は新宿ピカデリー他、全国66館にて劇場公開!ぜひ一味違う『マッドマックス』の世界を劇場でご覧あれ!きっと今まで観たことがない方も、『マッドマックス』の魅力の虜になってしまうこと間違いなしだ。

マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション』は、2017年1月14日(土)より新宿ピカデリー他全国公開。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション Blu-ray(2枚組)』は、2017年2月8日(水)より発売開始。

色のない砂塵と劫火の世界へ ─ モノクロ版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』をウィットネスすべき1つの理由

©2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
©2016 WARNERBROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

About the author

フリーライター(1995生まれ/マグル)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • AKIRA 2017年1月16日 at 1:59 PM

    「ブラック&クローム」最高でした。
    この映画はどんなバージョンでも色褪せないんじゃないかと思います。
    まさに奇跡的!
    http://akiravoice.blog.jp/archives/52484640.html

    Reply
    • Moeka Kotaki 2017年1月21日 at 11:54 AM

      記事を読んで頂き、ありがとうございます!返信が遅くなってしまい、大変申し訳ございません。
      最高の映画でしたね!マッドマックスの世界がモノクロになることが想像がつかなかったのですが、また一味違った世界観に圧倒されてしまいました。
      これからもお読み頂ければ嬉しいです。コメント、本当にありがとうございます。

      Reply