Menu
(0)

Search

【朗報】『マッドマックス 怒りのデス・ロード』モノクロ版が米国で発売決定!特典映像も追加、日本では未定

http://www.slashfilm.com/mad-max-high-octane-collection/

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』にモノクロ版が存在すること、それがなぜかドイツ盤ソフトにしか収録されないことをTHE RIVERで取り上げてから約2ヶ月、ついに吉報が到着した。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のモノクロ版DVD・Blu-rayがアメリカでも発売されることが正式に決定! 当サイトの人気ライターであるTZ-77氏を含め、ドイツ盤は観られないと嘆いていたファンの皆様には超朗報である。


リリースが決定したのは、『マッドマックス』シリーズを全作品収録した「マッドマックス ハイオクタン・コレクション」と、『怒りのデス・ロード』カラー版・モノクロ版だけをソフト化した「『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ツー・フィルム・コレクション」。どちらも発売日は2016年12月6日だ。ソフト化にあたり、モノクロ版は「ブラック&クローム エディション」と名付けられている。

「マッドマックス ハイオクタン・コレクション」

http://www.slashfilm.com/mad-max-high-octane-collection/
http://www.slashfilm.com/mad-max-high-octane-collection/

『マッドマックス』(1979年)、『マッドマックス2』(1981年)、『マッドマックス サンダードーム』(1985年)の3作に加えて『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)のカラー版・モノクロ版を収録したコレクターズ・エディション。Blu-ray(79.99ドル)とDVD(54.97ドル)の2形態でリリースされる。

特典映像

  • 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ブラック&クローム エディションへの招待 ― (新規特典)ジョージ・ミラー監督自らがモノクロ版を紹介する特別映像。
  • ロード・ウォー ― (新規特典)1982年、ジョージ・ミラー監督による傑作『マッドマックス2』の「滅亡さながらの破壊」に、世界は衝撃を受けた。映画史を変えたカーアクションの裏側を、ミラー監督とテリー・ヘイズ(脚本)、メル・ギブソン(主演)が初めて明かす。
  • マッドネス・オブ・マックス(再収録)製作から30年以上が経過した現在も語られる名作『マッドマックス』の長編ドキュメンタリー。40人以上のキャスト・スタッフへのインタビューやメイキング・フォト、未公開シーンから構成された、まさしく『マッドマックス』の遺言というべき映像集。『マッドマックス』はこうして生まれた!

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ツー・フィルム・コレクション

http://www.slashfilm.com/mad-max-high-octane-collection/
http://www.slashfilm.com/mad-max-high-octane-collection/

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)のカラー版とモノクロ版を収録。Blu-ray(29.98ドル)の1形態で、DVDリリースはない。特典映像には「ハイオクタン・コレクション」より「ブラック&クローム エディションへの招待」のみが収録されている。

監督熱望のモノクロ版

『怒りのデス・ロード』のモノクロ版は、元々ジョージ・ミラー監督が強く望んだことで実現したものだ。ミラー監督は以前インタビューでこう話している。

「『怒りのデス・ロード』のベスト・バージョンは、私たちが“ニセ低予算”と呼んでるチープなモノクロ版だ。より本物らしく、自然に見えるんだよ。そこで彩色を担当したスタッフに『いくつかのシーンをモノクロにして、少しだけ明暗差を付けてくれ』と頼んだんだ。これが素晴らしくてね。だからモノクロ版をDVDに入れたいとワーナーの連中に言ったんだが、残念ながらもう特典でいっぱいだった。結局別バージョンを作ることになったんだ」

この発言を聞く限り、モノクロ版はどう考えてもファンならマストの一品といえそうだ。

ちなみに残念ながらモノクロ版の日本発売は未定……なのだが、来週9月22日には昨年発売された『怒りのデス・ロード』3D&2Dブルーレイ・セットがなぜか再リリースされる。この後モノクロ版がすぐ発売されるとも思えず、ファンとしてはワーナーが完全に見誤ってる感が否めない。すぐに欲しい人は海外盤を!

source: http://www.slashfilm.com/mad-max-high-octane-collection/
http://www.slashfilm.com/fury-road-black-and-white-version/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly