Menu
(0)

Search

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』サイレント映画として製作予定だった ─ 火炎ギター男などの音のみを使用する構想

マッドマックス 怒りのデス・ロード
© Warner Bros. Feature Productions Pty Limited, Village Roadshow Films North America Inc., and Ratpac-Dune Entertainment LLC

マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)は当初、“サイレント映画”として製作される予定だったという。米The Hollywood Reporterのインタビューに登場したジョージ・ミラー監督によると、当初は巨大スピーカーを搭載したトラックの上で、火炎放射するエレキギターを掻き鳴らす、コーマドーフ・ウォーリアーなどによるサウンドを中心にする構想だったようだ。

本作はサウンドのみを駆使したサイレント映画に仕上げるつもりでした。信じられないかもしれませんが、最初は音楽を使用したくはありませんでしたよ。コーマドーフ・ウォーリアーやドラマー、車が掻き鳴らすサウンドだけで、基本的に物語を伝えるには十分だと考えていたので。彼らを率いる武装集団にマックスとフュリオサが出会えば、自然と音楽は生まれます。特にマックスは人間味が増したでしょう。つまり、ミュージカル的な側面を作り上げられると考えたわけです。」

最終的に本作では「並外れた才能の持ち主」とジョージ・ミラー監督が絶賛した、ジャンキーXLによる音楽を使用されている。ところが、それでも「沈黙が非常に重要の要素だ」と訴えているのだ。

「テスト上映の際に、追跡劇を終えた場面で観客から拍手が巻き起こりましたが、直ぐに止んでしまいました。その後、マックスが荒野で目覚める場面が映し出されますよね。そこまでの一連の展開はそれなりに時間が掛かります。しかし何故、拍手が起きないのか、続かないのか、映画文化の素晴らしい要素ではないのかと疑問を抱きました。

ところが、この場面はサウンドが全く無かったわけではない事に気付かされたんです。次の場面まで持続する、小音量の低音が確かに鳴っていました。それが観客の耳に届き、何かが起こり得ると予感させたのでしょう。逆に完全に無音にすることで、観客に拍手する時間を与えていたんですけどね。私にとっては本当に興味深い出来事でしたよ。辛うじて聞こえる音が、観客の映画体験に影響を与えるとは思ってもいなかったので。」

本作を愛して止まない筆者としては、ジャンキーXLによる圧倒的な迫力を持たせた音楽にも心を鷲掴みにされたが、ジョージ・ミラー監督が当時構想していた、サウンドのみを駆使したサイレント映画版も観てみたいと思うばかりだ……。

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly