Menu
(0)

Search

マッツ・ミケルセン、ハリウッドで悪役以外も演じたい ─ 大作ラッシュに「今の仕事もすごく幸せ」

©THE RIVER

俳優マッツ・ミケルセンは、ハリウッドではすっかり“悪役俳優”として認知された感がある。『ドクター・ストレンジ』(2016)のカエシリウス役、『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)のル・シッフル役は、なかでも観客に鮮烈な印象を残した。ともあれ現在、マッツはハリウッドで悪役以外を演じることへの希望を語っている。

IndieWireのインタビューにて、マッツは「アメリカで悪役じゃない役柄もいくつかやっていますが、悪人の側であることは多いですね」と話した。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のゲイレン・アーソにせよ、「ハンニバル」(2013-2015)のレクター博士にせよ、こちらの分類としても誤りではないだろう。それゆえ、遭難したパイロットを演じた『残された者 -北の極地-』(2018)は強く印象に残っているようだ。

「『残された者 -北の極地-』というアメリカ映画(編注:製作はアイスランド)をやった時には、悪役じゃなかったので、それがうれしかったんですよ。もう少し時が経って、(故郷の)デンマーク映画をもう少し観てもらえれば、おもしろいアクセントでしゃべる普通の男の役も受け入れてもらえるかもしれませんね。」

マッツ自身がこう述べているように、フィルモグラフィを俯瞰すると、悪役を演じた作品は全体の一部であることがわかる。たとえば『アダムズ・アップル』(2005)や『アフター・ウェディング』(2006)『偽りなき者』(2012)『バトル・オブ・ライジング』(2013)など、人間ドラマや史劇、アクションなど多彩なジャンルの作品で、それぞれ深みのある役柄を演じてきたキャリアの持ち主なのだ。

こうした性質ゆえだろう、マッツはハリウッドでの悪役について、単なる“悪役”のではなく「誤解された人々を演じている」のだと語った。今後も『ファンタスティック・ビースト』シリーズのグリンデルバルド役、トム・ホランド&デイジー・リドリー主演『カオス・ウォーキング(原題)』などで悪役に起用されているマッツは、「今の仕事もすごく幸せ」と強調する。「ボンド映画、マーベル、インディ・ジョーンズなど、素晴らしいシリーズに招いていただきました。贅沢なことです。(悪役が)来ればいつでも引き受けますし、もしも違った役柄をやらせてもらえるなら、そっちも挑戦しますよ!」。

ちなみにマッツが『インディ・ジョーンズ』で演じる役どころは明かされていないが、この発言から想像するに、同作でも悪役を演じるということだろうか。いくつもの出演映画が控えているだけに、今後も作品ごとに違ったアプローチの“悪”が見られることに期待しよう。

あわせて読みたい

Source: IndieWire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly