Menu
(0)

Search

「マンダロリアン」シーズン2に『ターミネーター』カイル・リース役マイケル・ビーン参戦決定

Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Michael_Biehn_(28620701225).jpg

『スター・ウォーズ』の実写ドラマ「マンダロリアン」シーズン2に、俳優のマイケル・ビーンが出演することが分かった。『ターミネーター』(1984)や『エイリアン2』(1986)など、伝説的なSF映画のベテランが『スター・ウォーズ』の世界にやってくる。米The Hollywood Reporterが報じた。

演じる役どころは不明だが、報道によると賞金稼ぎ(バウンティ・ハンター)役になるとのこと。マイケル・ビーンは、『ターミネーター』第1作でジョン・コナーの母サラを守るために未来からやってくるカイル・リース役で知られ、その後も『エイリアン2』『アビス』(1989)などのジェームズ・キャメロン監督作への出演を続けた。『ネイビー・シールズ』(1990)や『ザ・ロック』(1996)といったアクション映画では海軍特殊部隊の役を演じている。

ドラマ「マンダロリアン」は、『スター・ウォーズエピソード6/ジェダイの帰還』での出来事から5年後、帝国が崩壊し、ファースト・オーダーが台頭する前の時代に現れた“一匹狼の戦士”マンダロリアンの戦いが描かれる。シーズン2は2020年10月より米配信が予定されており、3月7日にクランクアップが報告されている。製作総指揮・脚本はジョン・ファヴロー

シーズン2新登場のキャラクターとしては、アニメ「クローン・ウォーズ」からアソーカ・タノが初の実写登場を果たすことも明らかになっており、こちらは『シン・シティ』(2005)や「Marvel デアデビル」などのロザリオ・ドーソンが演じる。

シーズン1にも驚きに満ちたキャストが集結しており、カール・ウェザースやニック・ノルティ、クランシー・ブラウンといった往年のアクション映画を盛り上げた面々や、巨匠映画監督ヴェルナー・ヘルツォークも出演していた。

Source:THR

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly