Menu
(0)

Search

ドラマ「マンダロリアン」は『スター・ウォーズ』版『マッドマックス』を追求 ─ 『新たなる希望』の美学を呼び起こす

https://www.instagram.com/p/BwPmFTLDHVU/

スター・ウォーズ』におけるスカイウォーカーの物語は、2019年12月20日日米同時公開の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で区切りを迎えるが、遥か彼方の銀河系ではまだまだ物語が続いていく。「Disney+」で配信予定となる、スター・ウォーズ初の実写ドラマ「ザ・マンダロリアン(原題:The Mandalorian)」だ。

新3部作で新たにファンになった世代も、プリクエル3部作からの世代にも楽しみなドラマだが、中でもオリジナル3部作のファンには堪らない。ドラマを手掛けるジョン・ファヴローによれば、本作は『エピソード4/新たなる希望』(1977)の魅力に迫るような内容となるという。それも、『マッドマックス』のようなテイストで。米The Hollywood Reporterに語った。

「『マンダロリアン』の主人公は見た目も良いし、宇宙船もあるし、オリジナル3部作に並ぶスケールがあるんです。オリジナル3部作のみならず、第1作(『新たなる希望』)の美学を喚起させたい。第1作の、第1幕です。タトゥイーンって、どんな場所だろう?カンティーナで何が行われていたんだろう?私が子供の頃から夢中になっているものですよ。『スター・ウォーズ』のダークでおっかない所が大好きでして。『スター・ウォーズ』における『マッドマックス』のようなね。

同作は『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)と『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)の間を舞台に、戦闘民族マンダロリアンの孤独な旅を描く。名もなき主人公を演じるのは、「ゲーム・オブ・スローンズ」や『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018)のペドロ・パスカルだ。キャラクター像には、西部劇のヒーローや侍、クリント・イーストウッド、黒澤明からの影響が語られている。

ドラマを手がけるのは、『アイアンマン』(2008)などの監督で、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)ではハッピー・ホーガン役としてもお馴染みのジョン・ファヴロー。既にシーズン2に向けて脚本執筆中ということである。

ドラマ「ザ・マンダロリアン(原題:The Mandalorian)」は、2019年11月12日に米リリース予定の映像配信サービス「Disney+」で配信予定。

Source:THR

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly