Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』ルーク役マーク・ハミル、「マンダロリアン」に意外な役でカメオ出演していた

マンダロリアン 第5話

スター・ウォーズルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが、実写ドラマシリーズ「マンダロリアン」に、秘密のカメオ出演を果たしていたことが分かった。

ドラマの舞台裏を描くドキュメンタリーシリーズ「ディズニー・ギャラリー/スター・ウォーズ:マンダロリアン」で明らかになったところによると、マークは第5話「ガンファイター」に、ドロイドのEV-9D9の声として登場。これは、『エピソード4/新たなる希望』(1977)にも登場した惑星タトゥイーンのカンティーナの酒場で、バーテンダーを務めるドロイドだ。

マークが声を演じたEV-9D9は、店を訪れたマンドーに仕事はないかと尋ねられ、「残念ながらギルドはタトゥイーンから撤退しました」と答える。声質自体はドロイドのものとして加工されているため判別は難しいが、たしかに発音はマーク・ハミルのそれと分かる。

EV-9D9とは、もともと『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)ジャバ・ザ・ハットの宮殿で、ジャバの怒りをかったドロイドたちを処分するスクラップ部屋を仕切っていたドロイドとして登場。伝えられるところによると、このEV-9D9は『ジェダイの帰還』のものと同じ個体なのだという。

カンティーナではドロイドの入場が禁じられている店舗もあり、『新たなる希望』ではC-3POとR2-D2は店内に入ることができなかった。ところが「マンダロリアン」の時代には、そのドロイドが店を切り盛りしているというのだから皮肉なものだ。

ちなみにマークが演じたルーク・スカイウォーカーは、『最後のジェダイ』(2017)『スカイウォーカーの夜明け』(2019)でも、生まれ故郷の「タトゥイーン」と台詞に言うことはなかった。ドロイド役としてではあるものの、マークが『スター・ウォーズ』劇中で「タトゥイーン」と発する、ある意味では非常に貴重なシーンだ。ルークがハンやチューバッカと出会い、全ての冒険の起点となったあの酒場にマークが戻ってきたという意味でも、ファンにとっては感慨深い。この第5話では、他にも『新たなる希望』へのオマージュが見られる、ニクい1話となっている。

あわせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly