Menu
(0)

Search

マーク・ウォールバーグ『トランスフォーマー/最後の騎士王』でシリーズ卒業を示唆!マイケル・ベイ監督は…?

© 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2017 Hasbro. All Rights Reserved.

トランスフォーマー』シリーズ第4作『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014年)で主演を務めたマーク・ウォールバーグが、2017年8月4日(金)公開の第5作『トランスフォーマー/最後の騎士王』をもってシリーズを卒業する可能性が浮上してきた。本シリーズについては、全5作でメガホンを取ったマイケル・ベイ監督も卒業を希望していることが報じられたばかりだ。

現在ウォールバーグは、『トランスフォーマー/最後の騎士王』の米国公開を直前に控えてプロモーションの真っ最中。しかしテレビ番組「グラハム・ノートン・ショー」にて同シリーズについて語った際、彼はこう口走ったというのである。

「これが最後なんだ。自分の生活を取り戻すよ」

ウォールバーグは『最後の騎士王』の撮影のため、約5ヶ月をかけて身体の状態を整えたという。もちろん厳しいトレーニングもあったのだろうが、彼は自身の長髪が何よりも許せなかったという。もっともそれが卒業の理由ではないだろうし、今回の発言の真意は不明だ。『最後の騎士王』が、本当にウォールバーグにとって最後の『トランスフォーマー』になるかどうかも今の時点ではわからない。

(C)2016 Industrial Light
(C)2016 Industrial Light

かつて『トランスフォーマー』シリーズは第3作までシャイア・ラブーフが主演を務めていたが、第4作からは出演者を全面変更して新たな展開を迎えていた。ベイ監督がシリーズを前進させる際、新たな主役として起用したのが、監督が2013年に手がけた『ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金』で主演を務めたウォールバーグだったのである。思えば第3作でラブーフが降板の意思を明かした際、当時からシリーズ卒業を希望していたベイ監督はシリーズを続投することとなっていた。もしや今回も……。

すでにパラマウント・ピクチャーズは『トランスフォーマー6(仮題)』と、キャラクターのひとりバンブルビーを主人公としたスピンオフ作品の製作を決定している。スピンオフはまだしも、第6作にウォールバーグとベイ監督の両方がいないとなると、シリーズの未来は一体どうなるのだろうか?

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』は2017年8月4日公開。もしかして、物語にも再び大きな変化があるのかもしれない。

Sources: http://screenrant.com/transformers-5-last-knight-mark-wahlberg-final-movie/
http://www.digitalspy.com/movies/transformers/news/a831029/mark-wahlberg-says-transformers-5-is-his-last/
(C)2016 Industrial Light

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly