Menu
(0)

Search

『アメイジング・スパイダーマン』監督、両作品に後悔なし!「大失敗だとは思わない」

先日、キャプテン・アメリカ役からの卒業を示唆して大きな話題となった、クリス・エヴァンスの主演映画『ギフテッド(原題:Gifted)』には、ヒーロー映画に縁の深いクリエイターがもうひとり携わっている。監督を務めたマーク・ウェブだ。彼は、かつて『アメイジング・スパイダーマン』(2012年)、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014年)を手がけた人物である。

映画情報サイト「コライダー」のインタビューで、マーク監督は『アメイジング・スパイダーマン』2作への思いを素直に語っている。

悲運の『アメスパ』を監督自身が振り返る

サム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演による『スパイダーマン』3部作が高い評価と興行成績を収めたあと、そのあまりに重いバトンを受け取ったのは、『(500)日のサマー』(2009年)で人気を獲得したマーク・ウェブ監督だった。実写映画版「スパイダーマン」としては初めてのリブートとなった『アメイジング・スパイダーマン』は全世界で約7億5,800万ドル、続編『アメイジング・スパイダーマン2』は全世界で約7億900万ドルと、その成績はわずかに下がったものの、概ね“大ヒット”と呼んで申し分ないであろう記録を示している。

©2013 CTMG. All Rights Reserved. http://spiderman-films.wikia.com/wiki/File:Spiderman-vs-electro-the-amazing-spiderman-2-1.jpg
©2013 CTMG. All Rights Reserved. http://spiderman-films.wikia.com/wiki/File:Spiderman-vs-electro-the-amazing-spiderman-2-1.jpg

ところが製作・配給を担当するソニー・ピクチャーズにとっては、この記録は納得のいくものではなかった。なにせサム・ライミによる映画版第1作『スパイダーマン』(2002年)以降、フランチャイズとしては興行成績に歯止めがかからないどころか、米国内の収入だけを見ると、『アメイジング・スパイダーマン2』は『スパイダーマン』の約半分にまで落ち込んでしまっていたのだ。その後、予定されていた『アメイジング・スパイダーマン3』の製作は中止となり、スピンオフ作品の計画も中断された。その後、ソニーはマーベル・スタジオを業務提携を結び、スパイダーマンはマーベル・シネマティック・ユニバースへの参入を果たしている……。

いわば、大ヒット&高評価の記憶を残して終了した『スパイダーマン』3部作と、マーベル・シネマティック・ユニバースへの参入で“お祭り”的な盛り上がりを見せる新スパイダーマン、その中間で“割を食った”のが『アメイジング・スパイダーマン』だったと言えなくもないだろう。マーク監督も初めての高予算映画で打ち切りという洗礼を受けたわけで、当時の心境たるや、想像するに余りあるというものだ。

ところがマーク監督は、シリーズの打ち切りから約3年が経とうとしている現在、両作品をとてもポジティブに振り返っている。

マーク・ウェブ監督(右) http://collider.com/amazing-spider-man-2-sequel-marc-webb-interview/
マーク・ウェブ監督(右) http://collider.com/amazing-spider-man-2-sequel-marc-webb-interview/

――『アメイジング・スパイダーマン』2作品で、最も幸せだったことと、最大の後悔は何でしょうか?

マーク: 後悔の面を考えるのは難しいね。うれしかったことはたくさんあるんだよ。特に2作目には熱が入ってたしね。“スーパーヒーローが全員を救えない”というアイデアは本当に気に入ってるし、誇りに思ってるよ。大切なメッセージだし、僕は今でもそう信じてるからね。

もっともマーク監督は、スパイダーマンという超人気キャラクターを映画化する難しさも十分に味わっていたようだ。

マーク: (『アメイジング・スパイダーマン』2作は)作るのが本当に難しい映画だったよ。みんなに十分理解してもらえないような複雑さがあったしね。大失敗だったとは思わないし、後悔という面で思うことはないな。機会に恵まれて、とても、とても幸運だった。公にすべきではないような、長くて深い話があるんだ。関わってくれたみんなのことが大好きだし、僕がスタジオと対立したことも一切ない。とてもスマートな人たちがたくさんいて、作るのがすごく難しい映画があっただけだよ。(『アメイジング・スパイダーマン』を)いろんな意味で誇りに思うし、僕は作品の味方さ。それに、僕はぜんぜん被害者じゃないしね。

思えば『アメイジング・スパイダーマン』で主演を務めたアンドリュー・ガーフィールドも、今ではシリーズの打ち切りを前向きに捉えていた。数年が経過した今、関係者たちが作品をこうして振り返っていることは、結果的に『アメイジング・スパイダーマン』の作り手たちが、製作当時、おのおの幸福な月日を送っていたことの証左ではないだろうか。

ちなみに『アメイジング・スパイダーマン3』の内容は、打ち切りが決まった時点では固まっていなかったらしい。ソニーがスピンオフ作品『シニスター・シックス』の準備に入ったため、マーク監督をはじめとしたスタッフ陣は休暇に入っていたようだ。しかし、そんな折にソニーへのハッキング事件が発生し、「すべてがナシになってしまった」という。

マーク監督にとって、『ギフテッド』は『アメイジング・スパイダーマン2』以来の長編映画監督作品だ。アンドリューも『ハクソー・リッジ』『沈黙 -サイレンス-』と、2016年(日本公開はともに2017年)は出演作品に恵まれ、今後の活躍にさらなる期待がかかるところだ。両名をはじめとした『アメイジング・スパイダーマン』関係者の躍進と、2度目のリブートとなる『スパイダーマン:ホームカミング』の成功を心から祈りたい。

Sources: http://collider.com/marc-webb-gifted-interview/
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=spiderman4.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=amazingspiderman2.htm
http://www.boxofficemojo.com/franchises/chart/?id=spiderman.htm
Eyecatch Image: http://collider.com/amazing-spider-man-2-images-sinister-6/
©2013 CTMG. All Rights Reserved.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly